飲茶の新刊「14歳からの哲学入門」発売中!

2012年12月05日

飲茶が考える理想の議論のやり方(1)

飲茶は論客コミュニティという議論掲示板を運営しています。
そこでの経験を踏まえて「理想の議論とは何か」を考えてみたいと思います。

2 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-14 09:58:18
「議論とは、『意見を持った複数の人たち』が論理だけを頼りに『対等』に話し合うことである」

これは一見、まともな議論の定義に思えるが、私は『違う』と思う。

こういう発想で行われる議論は大抵うまくいかない。

私は、むしろ議論において、論者同士は『対等であるべきではない』と思っている。

3 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-15 09:30:48
議論における論者同士の理想の関係は
王と騎士』の関係
であると私は思う。

・王は騎士の『生殺与奪権』を持っており、気に入らないものを文字通り『消す』ことができる。
 それゆえ騎士は王に絶対逆らうことができない。

・王は『神聖』な存在である。
 したがって、神である王の言葉に対して、なんぴとも『無作法に異を唱えてはならない』。

こういった関係で議論を行う方が、『対等』の関係で議論を行うよりもマシであり、効率的であると私は考えている。

4 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-15 10:32:06
「『対等』な関係では議論は成立しない」のは何故か。

その答えは単純に、私を含む君たちがみな『どうしようもなく未熟』だからだ。

自分の意図しない方向に議論が傾けばイライラし、
自分とは違う論理体系を持つ人』に出会えば
腹立たしさを感じ、顔を真っ赤にして罵りたくなる。
そして、ときには
丁寧な言葉で相手の無理解に対して『嫌味』をネチネチと言ったり、
まるで後輩にでも語りかけるような『礼を尽くさないフランクな表現』で茶化したり、
相手の発言の不備を『見ている方が不愉快になるほど断定的な言い方』で責めたてたりする。

(それ自体は悪くない。腹が立つものは腹が立つ。こづかれても怒らない人は私は嫌いだ)

だから、そろそろ気づいた方がいい。
王と騎士』といった偏った関係性でもないかぎり、
私たちはまともに議論なんてできない』ということに。

私は、ネット上の議論を見続けた結果、
ネット上の『対等な議論』というものに『絶望』してしまった。

その『絶望』から次のような『新しい議論』のあり方を考えてみる。

5 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-16 11:14:43
王と騎士による議論の概要

まず、『志(議題)』を持つ人が『』であることを宣言し、
何もない荒野に『王国(スレッド)』を建てる。

』の『志(議題)』はさまざま。
「エネルギー問題について解決策を模索したい」など幅広いものもありうるが、
とりあえずは具体例として、次のような『』だったとしよう。

アイデアXによって、原発を根絶できると思います。これについて広く意見を求めます

この『志(議題)』に惹かれた人たちが『騎士』として『王国(スレッド)』にやってくる。
騎士』は『』に意見を献上し、『』はその意見をまとめ、『議事録wiki』に反映する。

概要は以上である。

6 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-16 12:39:16
騎士から反論を受けたときに王はどうするべきか

さて、王国(スレッド)にやってきた『騎士』がまず最初になすべきことは
』の議題に対する『反論』の提示である。

ここで、反論はおおよそ次の3パターンが考えられるだろう。
(無意味、不毛な反論は除く)

(1)前提までさかのぼる反論
(2)核心的な反論
(3)枝葉および横やりぎみな反論

以下、それぞれについて、『』がなすべき対応を記載する。

7 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-18 00:36:37
(1)前提までさかのぼる反論

たとえば、こんな反論があったとしよう。

「アイデアXを実現するのには結構な費用がかかりそうですね。
そもそも、『なぜ原発を根絶しないといけないのですか?』」

この反論を述べた背景として、反論者は次のような想いを持っていた。

「原発は一般に思われるより安全である。知識がない人にはわからないかもしれないが」

こういう想いを持っていたため、彼は『根絶』という言葉にカチンときた。

「きっとこいつは、世間の浅はかな連中と同様に、短絡的に原発は悪だと決めつけているのだろう。
まず、その思い込みを正さないかぎり、原発について議論はできないぞ」

8 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-18 01:01:28
さぁ、面倒なことになった。

もともとの議題は、
アイデアXによって原発を無くすことができるかどうか
である。

だから当然、議題を投げかけたスレ主が議論したい内容は
アイデアXの是非
についてである。

しかし、返ってきたレスは、アイデアXについてはおざなりなもので、
予想外の、なんだか面倒そうな質問』まで含まれていた。

スレ主は、さっさとアイデアXについて議論したい。

そこで相手の質問には適当に返答して、話題をアイデアXに戻そうとした。

「原発が危険だからです。費用がかかると言いますが、
どんな対策でも費用がかかるのは当然ではないですか。
このアイデアXにかかる費用と、原発の安全対策にかかる費用を比べると……」

9 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-18 16:58:59
しかし、スレ主の思惑通りに事は進まなかった。

「原発は危険だと言いますが、ここで言う危険とはどのレベルの危険を指していますか?
まずは危険の定義を明確にしてください」

返ってきたレスを読んでスレ主は『うっわ、うざっ』と思った。

スレ主が、そう思うのも無理はない。
彼は、アイデアXという、いわば『新しい料理』をみんなに品評してもらうためにスレッドを立てたのだ。
それなのに……、目の前の相手は、料理ではなく『料理が乗っている皿』について議論を始めてしまった!

この不本意な展開にスレ主は苛立ちを感じはじめる。
こんな会話はさっさと終わらせたい。
こうして、スレ主は、ついつい口調がきつくなり、『常識では』『普通に考えて』など
短絡で説得力のない理屈で「原発は危険だから無くすべき」と強引に結論付けて、
話を元に戻そうとする。

10 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-19 23:30:40
このスレ主の不用意なレスで、もうこのスレッドは終了である。

「やはり彼は、
原発に対して稚拙な理解しか持っていないのに、根絶を叫ぶ浅はかな輩
であった!」

そう確信を深めた反論者はもう容赦しない。
完全に口調を『論破モード』に切り替える。

「危険だと思う根拠はなんですか? まずそれを提示してください。
 提示していただけなければ、その発言は論として無効です。
 また、原発をやめて化石燃料による発電方法に戻した場合、
 大気がより汚染されることについてはどう考えていますか?」

スレ主が「認識を改めます」と『敗北』を認めるまで、理路整然と追い詰めていく。

一方、「アイデアXについて和気あいあいと楽しい議論ができると思っていたスレ主」は、
この展開に『モチベーション』を維持できない。
もはやスレ主は、「自分が立てたスレッドだから」という義務感だけで返答する。
当然、スレ主が行うレスの質は低下し、
「変なやつに噛みつかれた」という想いもあいまって言葉遣いもだんだんと荒くなっていく。

こうなったら反論者はもう止まらない。
「相手が不誠実で、稚拙で、無作法なやつなら、
こっちも相応の対応をしてしかるべきだ!」

ヒーーートアップ

第三者が「いい加減にしなさい」と介入するまで
見るに耐えない不毛なやり取りが続き、それだけでスレッドが埋め尽くされる。

こんな不愉快なスレッド、誰が書き込みたいと思うだろうか。
こうして何の益もないまま、スレッドがまたひとつ終わってしまった。

11 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-20 11:52:23
では、どうすれば良かったのだろうか。

王と騎士』による議論方式に従うなら、スレ主は以下のようにするべきであった。

@最初の反論がでた時点で、
前提:アイデアXを適用したときに原発が廃止できるかどうか、のみを問うものとする
前提:原発自体の是非は問わない
といった『議論の前提』をかかげ、その旨を『議事録Wikiで書き込んで、明言する』。

Aそれでも、反論者がしつこく『スレ主(王)が決めた前提(法)』に疑義を唱えるならば、
スレ主(王)は、システムから与えられた権限を利用し、
反論者を『出入り禁止(国外追放)』にする。
(以後、反論者はスレッドに書き込みできなくなる)

以上である。これで問題は解決する。

12 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-20 20:09:24
スレ主(王)が決めた前提(法)に逆らうものは、出入り禁止(国外追放)とする

このあまりに独裁的で過激な議論のやり方については、理解すべきポイントが3つある。

1)前提を疑うこと自体は不当ではない

まず、「前提を疑うこと」で、有益に議論が発展することは十分にありうる。

たとえば、先の具体例でいえば、前提を問い直すことで、
「原発を根絶する必要はない」もしくは
「根絶ではなく、被害が許容できる範囲で運用できれば良い」
といったふうにスレ主の考え方が変わるかもしれない。

そうなれば、アイデアXに関する議題自体が消滅するわけだが、
これは有る意味では、
スレ主の議題に対して、より本質的な意味で答えを与えた
とも言えるだろう。

繰り返すが、このように『前提を疑うこと』で、
有益に議論が発展すること』は十分にありうる。

したがって、この独裁的な議論のやり方は、けっして
「単純に、前提を疑うことが無益で無価値だから、やってはいけない」
ということを意図してはいない。

13 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-21 21:59:36
2)前提はいくらでも疑いが可能であり、疑いの止めどころは存在しない

むしろ、問題はこちらの方である。

議論というものは、必ずなんらかの『前提』がなければ成り立たないが、
あらゆる前提について、常に『終わりなき疑い』が可能である。

たとえば、
ある前提(原発を根絶する)』を否定して、
別の前提(危険がない状態になればあってもかまわない)』を持ち出すことも可能だし、
前提の前提の前提の……(ようは、なぜ?なぜ?なぜ?)といった形で、
前提の基盤を疑い続けることも可能である。

つまり、『前提を疑い出したら、きりがない』のだ。

14 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-22 19:46:55
だから、どこかで「ここから先は疑いません」という『疑わない地点』を
誰かが『決断』しなくてはならない。

しかし、やっかいなことに、この『決断』は、論理的で合理的なものにはなりえない。

どうしても『単なる好き嫌い、個人的な趣向』になってしまう。

スレ主としては、「前提に対する疑義が発生したら、なんとかして、
論理的に、合理的に、自分が設定した前提が正当であることを主張したくなる」
わけだが、そんなことはそもそも『不可能』である。
(なぜ不可能かというと、それはまさに言葉のとおり『前提だから』だ)

議論の前提というものは、
「一方が独裁的に決定し、他方がそれに疑義を停止して同意する」という形式でしか、

本来、成り立たないのである。
(もちろん、話し合いを重ねて、「全員が合意できる議論の前提」を
見つけることはできるかもしれない。が、それは恐ろしく非効率であり、
たいていは、途中で『モチベーション』が尽きる)

15 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-23 20:04:14
少し脱線するが、
すべての論者は、議論を行う前に、数学(論理学)における
公理(証明不可能な暗黙の了解)』という概念を理解しておくべきである。

たとえば、ある数式があったとする。

普通は、
「この数式について、数学者同士が議論すれば、同じ結論がでるに違いない」
と思うかもしれないが、現実にはそうではない。

たとえば、「ゼロで割ったときはどういう扱いにするか?」など、
どのような種類の『公理(前提となるルール)』を設定するかによって、
まったく違った結論が導かれる。

だったら、この数式について
「公理Aを使うのが正しいのか?」
「公理Bを使うのが正しいのか?」
を問いかけたいところだが……、
残念ながら、

「そんな問いかけは不可能である。
 どのような公理であろうと、つまるところ、それは
 『正しいと証明はできないけど、とりあえずこうしておこう
 という、どっかの誰かが暫定的に設定したただの決め事にすぎない。
 だから、『どの公理(決め事)を使うのが正しいか』なんて
 問いかけたって決着がつくわけがない」

と、数学史上ではすでに決着がついてしまっている。

だからこそ、数学者たちは、
「公理Aを設定したら、こういう結果になります」
「公理Bを設定したら、こういう結果になります」
と語るだけにとどめ、「どちらの公理がより正しいか」なんてことで、
論争をはじめたりはしない。

しいて言うとしたら、
「まったく個人的な主観だけど、公理Bを設定した方が『面白い』結果になるよね。
 なので、僕は、こっちを使います」
ぐらいである。

16 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-26 12:17:02
この「数学者たちが『公理』について得た知見や教訓」は、
議論における前提やルールの設定においても、そのまま適用できる。

・どんな数学(議論)も、必ずなんらかの公理(前提)を基盤として持っている。

・公理(議論の前提)とは、あくまで『誰かが暫定的に設定した決め事』にすぎない。

・公理(前提)を疑うことは可能だが、そのためには
 『公理(前提)よりも絶対的に無根拠に正しいとするスーパー公理(前提の前提)』を
 持ち出さなくてはならない。そして『スーパー公理(前提の前提)』も
 疑うことが可能だから、原理的にいって、無限に疑うことが可能である(キリがない)。

・したがって、「これが正しい」「これを使うべきだ」という
 「唯一普遍の正当な公理(議論の前提)」に我々は出会うことはできない。
 ゆえに、それを巡って論争するのは不毛である。

・だから、誰かが「えいや!」と最初に思い切って、独裁的に
 『公理(議論の前提条件、ルール)』を決めなくてはならない。

・数学(議論)とは、つまるところ、
 ある『公理(暫定的に設定した決め事)』から出発した場合に何が導かれるか?
 である。

・「公理(暫定的に設定した決め事)」に複数の候補がある場合、
 どれを選ぶかという基準があるとすれば、
 それは、『導かれた結果が面白いもの、興味深いものになったかどうか』である。
 (したがって、基本的には、まず導いてみないとわからない!)

・「相手と異なる公理を持つもの」「相手の公理に同意できない人」は、
 同じ土俵(スレッド)で話し合うべきではない。
(違うルールブックを持っている二人が、将棋を指している姿を思い浮かべてほしい。
 無意味だし、十中八九、喧嘩になる)

17 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-27 10:19:57
3)前提への疑義は慎重に、かつ建設的でなければならない

とはいえ、
スレ主(王)に対して、いっさい微塵たりとも前提への疑義を述べてはいけない
というのもやりすぎである。

というのも、1)で述べたように、
「前提への疑義」が有益な方向に進む可能性はゼロではないからだ。

ただし、「あなたの前提は間違っている」「こっちの前提の方が正しい」
という論調でやってしまうと、2)で述べたとおり、
「正しい前提(存在しないもの)を巡って、いつまでも議論が続き、
 結果、本来の議論ができなくなる」
というやっかいな事態が起こってしまう。

そこで、前提へ疑義を唱える反論者(騎士)は
以下の原理(騎士道)に従って行わなくてはならない。

・スレ主(王)が設定した『議論の前提』について『疑義』がある場合は
「それは間違っている」という論調で、変更を訴えてはいけない。
あくまでも、
「こういうふうに前提を変更すれば、
より面白い議論になります、より建設的な議論になりますよ」
という『提案』の形で行う。

たとえば、
「アイデアXを実現するためのコストはいっさい問わない」という前提を
取り外した方が、議論が面白くなりそうな場合である。
(その逆に、前提を追加して議論の幅を狭めた方が、面白くなりそうな場合もある)

そういう「建設的な姿勢を見せた上での、疑義は行っても良い」だろう。

ただ、それはあくまでも『提案』であり、
決定権はスレ主(王)の趣向にゆだねるべき』である。
スレ主の心を動かせなかったときは、自分の表現力の無さを恥じて、
早々に引き下がるべきである。

18 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-28 20:23:00
では、ここで、反論者(騎士)が、
「どうしてもスレ主(王)の前提が気に入らなかった場合」
にはどうすれば良いのか?

それは簡単で、そのスレッド(王国)から出て行けば良い。

ただし、ここで重要なポイントは、

「スレ主(王)の前提が正しくなく、めちゃくちゃだから、出て行く」
のではなく、
スレ主(王)の前提で議論を進めても面白いことにならなそうだから、出て行く
のである。

したがって、『そこに恨みつらみを持ち込む要素は一切無い』。

このことを『論者(騎士)』は自覚しなくてはならないし、
もし不愉快に感じるなら、
それは『正当な感情ではない』と己を恥じなくてはならない。

19 名前: 飲茶 投稿日: 2012-11-29 18:50:50
たとえば、将棋において、ある人が
10手以内に、決着がつかない場合は、先手の勝ち
というルールを設定したとしよう。

あまりに非常識なルールに思えるが、かといって、
「このルールはおかしい!間違っている!」と
相手に詰め寄ることに正当性はない。

なぜなら、『ルールはあくまでもルール(決め事)』にすぎないからだ。

(逆の立場で、相手から『なぜ歩兵は前にしか進めないの?』と問われても、
 そうなるべき必然性をあなたは答えることはできないだろう。
 結局は、ルールだから、としか言えない)

とりあえず、その相手に、
そういうルールだと、必ず先手が勝つからつまらないと思います
と提案してみて、それでも相手が
いや、私はこのルールでやりたい
と言うのであれば、それはもう相手の個人的な趣向の問題である。

彼は、そういうルールを設定したときに、将棋がどういう展開をするのかを
知りたがっているのだろう。それは相手の自由であり、好きにさせるべきである。

こういう場合、
そうですか、じゃあ、僕は面白くなさそうなので、そのゲームはプレイしません
という心持ちで、その場を去るだけであり、
そこに『憎しみ』『いらだち』を持ち込む必要はない。

※もし、「憎しみ」「いらだち」を覚えるとしたら、
あなたはまだ「ルール(公理、前提)」に対して、「こうあるべき」という
前時代的な幻想』を持っていることになる。
(かつては数学者たちも、自分の派閥の公理だけが正しいと思い込み、
異なる公理を持つ相手を徹底的にいじめて自殺にまで追い詰める時代があった)

20 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-01 00:36:17
「議論の前提(条件、ルール、アプローチ)」の設定について『正解』は存在せず、
誰かが独断で決めなければならないのだとしたら……、

やりたい人がやりたいようにやれば良い

と、私は考える。そう考えるがゆえに私は、
スレ主(王)に、これら議論の前提を
無根拠に独裁的に設定する権限
を与えたいと思う。

もしかしたら、
「そんな権限を与えたら無茶苦茶な前提条件を
 設定したスレ主(独裁者)が現れるのではないか」
と心配する人がいるかもしれない。
が、私はあえてこう言おう。

別にいいじゃないか!

21 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-02 09:51:55
たとえば。

前提:ご飯にプルトニウムをかけるとおいしい
前提:水をかけると放射能は消える

という、(あなたにとって)滅茶苦茶な前提をかかげるスレ主(王)がいたとする。
あなたがスレ主(王)に、
「それは一般に知られている事実と異なるので取り下げた方が良い」
と『提案』して却下されたとした場合……、
果たしてこれ以上、何を語り合う必要があるのだろうか?

また、仮に語り合ったとして、どんな益が『あなた』にあるのだろうか?

(あなたにとって)滅茶苦茶なことをスレ主が述べたとしても、
本来、あなたには何の関係もないはずである。

22 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-02 22:52:53
それに、スレ主(王)の前提が滅茶苦茶だとなぜあなたにわかるのだろうか?

たとえば、
前提:空気抵抗は無視する
という前提は、まったく現実と整合していない。
現実には空気抵抗があるのだから、
そんな前提を持ち出して『運動』について議論をしても、
現実には起こり得ない結果が導き出されるに決まっている。

だが、実際には、こうした極端な前提で議論した方が
運動』についてより本質に迫った結果が得られることがある。

という場合もあるのだから、
やらせてみればいい』のだ。

だから、「間違っている」「おかしい」なんて傲慢なことは言わず、
(そんなこと、あなたには判断できない)

「彼らは、あえて、そういうやり方でやってみたいのだろう。
 自分はやりたいとは思わないけど」

と『興味の問題』として捉え、クールな心持ちで足早にその王国を去り、
あなたが面白いと思う王国にさっさと行くべきなのである。

(そうしないで、
「現実に起こりえない想定で議論を進め、それでなんらかの結論が得られたとして、
それが果たして正しい議論と言えるのか、はなはだ疑問でうんぬんかんぬん……」
などと、いつまでもスレ主につきまとったら、一向に議論が前に進まず、
あえてその前提で議論したい』と集まってきた他の人たちに迷惑である)

23 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-03 00:42:36
以上までが、『(1)前提までさかのぼる反論』についてである。

【ポイントまとめ】
「議論の前提条件となる事柄」について議論すると有益な結果になることもあるが、
たいていの場合、延々と前提について議論し続ける方向にはまりこみ、
スレ主のモチベーションが下がったり、スレがグダグダな雰囲気になったりして、
結果、『死にスレ』になりがち。
そこで、前提についての議論は、あくまでも『スレ主への提案』という形にとどめ、
決定権をスレ主に与える。
スレ主の決定が気に入らない人は、さくさく出て行き、残った人だけでさくさく議論を行う。
そっちの方が、延々とグダグダやるより、効率が良いんじゃないの?って話。

24 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-03 00:45:14
(2)核心的な反論

スレ主(王)の主張について、核心をついた反論があったとき、
王はどうするべきだろうか?

その前に、「王(スレ主)」と「反論を述べる騎士(スレッド参加者)」
の『立場の違い』をはっきりとさせておこう。

すべての騎士は、以下の原理(騎士道)に従って議論に参加するものとする。

なお、この原理は、『王と騎士』による議論方式の核心である。
よく心に刻みつけて欲しい。

騎士(参加者)は、王(スレ主)と対立してはならない!

騎士(参加者)は、王(スレ主)の主張を破壊しようとしてはならない!

(続く:理想の議論のやり方(2)

2012年12月10日

飲茶が考える理想の議論のやり方(2)

前回記事:理想の議論のやり方(1)

25 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-04 12:34:02
騎士(議論参加者)は、王(スレ主)と対立してはならない

これはいったいどういうことだろうか?
そもそも、主張を述べた相手(スレ主)と対立しないで、
反論』なんてできるのだろうか?

私は、『できる』と考える。

ちょっと、議論を『将棋』にたとえてみよう。

王が、こんなことを言ったとする。

「私が考えた、この布陣(コマの配置)はどうだろう。鉄壁だろう?」

この王の主張に対して、
周囲の人々がこんなふうに反論したとしよう。

反論者A「いやいや、ここに穴があります。こう攻めたら、ほら……終わりです」

反論者B「全然鉄壁じゃありません。こっちにも穴があります。
 こう攻めたら……、あなたはどうするんですか?」

私は、こういう反論は『ダメ』だと思う。

言い方も丁寧で、内容が妥当であったとしても……

私は、こういうニュアンスの反論は全部ダメだと思う』。

26 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-05 10:16:58
私が考える反論の『作法』はこうである。

まず、騎士(反論者)は、決して王の反対側の席には座らない。

騎士(反論者)は、あくまでも王(主張者)の『味方』であり、
身内』であり、王と『同じ側の席』に座っていなければならない。

ゆえに、反論は、次のような形式となる。

騎士A「王様、仮に敵が攻め込んでくるとしたら……、
 おそらく、ここに弱点があるとみて、こう攻めてくると思います」

騎士B「もしくは、あっちの方から攻めてくるという手も考えられます」

すなわち。
「反論者自身が、対立者として王の主張の問題点を『指摘』する」
のではなく、あくまでも、王の身内の立場として
「仮想的な敵としての対立者を想定し、
 その対立者がどんな反論を述べてくる可能性があるかを『提示』する」
のである。

私は、これが『正しい反論の作法』だと考えている。

27 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-05 22:35:51
さて、騎士から『反論の可能性』を提示された王は、
その反論の反論、すなわち『擁護』の理屈を考えなくてはならないが、
反論者である騎士は『身内』なのだから、
なにも王だけが『擁護』を考える必要はないだろう。

というよりも、むしろ、

反論』を提示した人も含めて全員で『反論の反論を一緒に考える

のが正しい王国(スレッド)の姿である。

これを将棋にたとえると、こういう形になる。

王「というわけで、敵は、A,Bのいずれかから攻めてくることが
 特定できました。では、いったんAに話を絞りましょう。
 Aはこちらにとって厳しい手ですが、どういう対応策が考えられるでしょう」

騎士A「うーん、私なら、こう返しますね」

騎士B「もしくは、こういう返し方もあるかと」

王「では、それぞれについて、ひとつひとつ吟味していきましょう。
 Aに対して、Xという返しをしました。
 さて、このXという返しに対して、どういう問題が考えられるでしょうか?」

28 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-06 10:06:06
・『反論者自身が、対立者になってはならない

・『反論者は、あくまでも身内の立場として、反論の可能性を提示する

・『反論を述べた人も含めて、みんなで反論の反論を考える

さて、このような原理で『王と騎士』が議論(反論と擁護)を重ねていくと、
以下のようなイメージで、『議事録Wiki』は枝を伸ばしていくことになる。

(例1)

主張「アイデア]を適用すれば原発は根絶できる!」
 ⇒反論A
  ⇒擁護A−1
   ⇒反論A−1−1
   ⇒反論A−1−2
 ⇒反論B
  ⇒擁護B−1
   ⇒反論B−1−1
    ⇒擁護B−1−1−1
     ⇒……

(例2)

問題提起「原発を安全に利用するにはどうすればよいか?」
 ⇒解決策1
  ⇒問題点X
   ⇒擁護X−1
 ⇒解決策2
  ⇒問題点Y
  ⇒問題点Z
   ⇒擁護Z−1
    ⇒反論Z−1−1

※上記は、あくまでテキスト上でのイメージ図である。
本来の『議事録Wiki』は、
もっと視覚的に見やすい高機能なWikiを想定している。

王(スレ主)は、『議事録Wiki』の管理者である。

王は、議事録Wikiにおけるこの「木の枝」、
すなわち『議論の大樹(ユグドラシル)』を
大事に育て、元気にし、
美しくのばしていくことについて責任を負わなくてはならない。

29 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-06 10:06:53
以上までが、『(2)核心的な反論』についてである。

スレ主(王)の主張について、核心をついた反論があったとき、
王はどうするべきか?

結論は以下である。

・議事録Wikiにその反論を掲示し、その反論の反論をみんなで『一緒』に考える。

30 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-07 00:01:45
(補足)
反論者は、あくまでも身内の立場として、反論の可能性を提示する

ところで、なぜ反論者は『わざわざ身内の立場』として、
反論を述べなくてはならないのか?

その理由は単純である。我々が『未熟』だからである。
我々が『反論されると感情をかき乱される心の弱い動物』だからである。

「そんなことはない。まともな反論であれば、ぜんぜん冷静でいられる。
 まともな反論を受けて感情が乱されるとしたらそれは乱した方が悪い」

という意見もあるだろう。

しかし、あえて言おう。

無理!

31 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-07 07:59:23
「反論されたときは、
 自分では気づかなかった問題点を教えてもらえたと思って、
 相手に感謝しましょう(^△^)」

なんて話を、議論の作法としてよく聞くが、
でもやっぱり「無理」だと思う。

僕たちは、ちゃんとした反論だろうが、なんだろうが、
公共の掲示板で面と向かって反論されると、
ドキっ』としたり、『グサっ』ときたり、
カッチーン』ときてしまう心の弱さを持っている。
そこは、もう正直に認めてしまっていいと思う。

32 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-07 22:47:58
どうしても、僕たちは、
勝ち/負け』『論破する/論破される』『優/劣
といった『二項対立』のパラダイムで『世界』をみてしまう。

そして、そういう『パラダイム(ものの見方)』を
持っているからこそ、
議論で反論を受けると感情がかき乱されてしまう。

議論が苦手』という人は世の中に多いと思うが、
その理由の根本は、結局のところ、この
議論=勝ち負け』という「パラダイム(思い込み)」
にあると思う。

ようは、
「なんか議論するとさ、反論したり、反論されたりで、
 なんかギスギスした空気になるじゃない。
 あの雰囲気って嫌なんだよね」
という話だ。

ようは、
「あるテーマについて議論したら、
 みんなで、わきあいあいとした雰囲気で
 やることができました。
 議論って楽しいですね。またやりたいです(^^)v
 ……なんてことになるケースがそうそうないから」
という話だ。

33 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-08 00:37:00
私は、この

「議論=勝ち負け(論者同士の対立)」というパラダイム

(議論とは勝ち負けではないと承知しつつも、
どうしてもそのように捉えてしまう僕たちのものの見方)

を変えたいと願っている。

しかし、とはいえ、
「対立はいけませんよ」とか
「相手の感情に配慮して反論を述べましょう」
といった『精神論』『お題目』を叫んだところで、
それが役に立つとも思えない。

だから、議論の構造自体を変更するべきだと思う。
それは次のようにだ。

「議論とは、仮想敵(モンスタークレーマー)を想定し、
 その共通の敵に向かって、
 『全員』が一丸となって論を補強していくゲームである」

もしくは、

「無批判に設定したある前提条件から出発したとき、
 どこまで反論と擁護の枝をのばすことができるのか、
 その限界に『みんな』で挑戦するゲームである」

34 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-08 09:18:26
(3)枝葉および横やりぎみな反論

さて、話を戻して、
枝葉および横やりぎみな反論』があったとき
王はどうすれば良いのだろうか?

この対処は、簡単である。

@王は、その「横やりの反論」を、議事録Wikiに記載し、
そこに『あとで議論するマーク』をつけておく。

Aその後、その反論は無視して、もとの議題に戻る。

以上である。

35 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-08 13:31:36
(補足)
議論するうえで、難しいのが「横やり発言」の扱いである。

たとえば、Aという方向に議論が進んでいたとする。
そこへ、おそるおそる、こんなレスが飛び込んできた。

「すみません、流れを切って申し訳ないですが、
 Bという方向性はどうでしょう」

それは、『枝葉レベルの荒いアイデア』で、
優先順位で言えば、まずAについて語り尽くす方が先であった。
が、『時系列に表示する掲示板』である以上、
どうしても『最後に発言した内容』が『目立って』しまう。

当然、みんなBに食いつき、Aについての議論が止まる。

そうこうしているうちに、今度は、違うアイデアCが現れ、
……とやっているうちに、Aについて忘れ去られてしまった。
まだまだAについては語り尽くされていなかったのに……。

36 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-08 15:46:13
こういう経験は、時系列式のスレッド掲示板で議論している人たちには
よくあることだと思う。

これがあるからこそ、僕たちは、
なかなか『横やり発言(横レス)』ができない。

もちろん、Aの話題が収束してから言えば良いのはわかっている。
でも、いつAの話題が終わるかわかったものじゃないし、
だいたい、今、せっかく思いついたのだから、
今のテンションで、今、言いたい!

で、結局、我慢できず「横レスすみません」と割って入り、
結果、議論の流れを変えてしまう。

37 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-08 18:38:41
そこで、気兼ねなく「横やり」できるように、
議事録Wikiの『マーク機能(付箋機能)』を活用しようという話だ。

つまり、たとえその「横やり」が
素晴らしいものであろうと、ツッコミどころ満載であろうと、
Aの方向に枝を伸ばしている最中なら、
王は、その「横やり」の存在を議事録Wikiに記載し、
あとで議論するマーク』をつけて保留しておくのだ。

こういうルールにしておくことで、
気兼ねなく「横やり」ができるようになる。

38 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-08 18:40:58
タグ機能について

横やりに関連する機能として、『タグ機能』を説明する。

なお、タグ機能は、『議事録Wiki(議論の大樹)』の核心部分
でもあるので『心して聞いて欲しい』。

タグ機能とは、
議論の参加者が、議事録Wikiの『特定の枝』を指定し、
それを自分の発言に『タグ』として関連付けることが
できる機能である。
(関連付けるタグは、あとから何度でも修正可能)

ここでちょっと実際に「議論の大樹」を育てながら、
タグ機能の説明をしてみよう。

39 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-09 01:28:16
まず、議事録wikiの『初期状態』が下図のとおりだったとする。
※ちなみに、「初期状態」は王が自由にデザインできる。

■主張X
 ⇒反論タグ(0件)

ここで『反論タグ』は、
元の主張に対して『反論を受け付ける場所』だと考えて欲しい。
(ちなみに、「意見を受け付けるだけのタグ」を『抽象タグ』と呼ぶ)

もし、あなたが、主張Xに対して「反論」を思いついたとするなら、
反論タグ』を指定して、書き込みを行えばよい。

※ただし、注意してほしい。
ここでいう『反論』は決して
「あなたの主張Xには、こういう問題があるから成り立たない」
という『否定(破壊)』のニュアンスのものであってはならない。
あくまでも、
「こういう問題点が指摘される可能性がありますよ」
という『提案』であり、
反論者は
指摘されそうな問題点の洗い出しに協力している
という自覚(騎士道精神)を忘れないでほしい。

40 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-09 13:23:26
さて、次の日、「議論の大樹」はこうなっていた。

■主張X
 ⇒反論タグ(3件)

どうやら、あなた以外にも反論を述べた人がいたようだ。

さあここで、王の出番である。
王は、反論タグに集まった発言から重要なものを取り上げ、
より具体化したタグ(具象タグ)』を作成し、枝を分岐させる。

その結果、「議論の大樹」は以下のようになった。

■主張X
 ⇒【反論】コスト的に見合わない(1件)
 ⇒【反論】その主張を支持する統計データが存在しない(1件)
 ⇒反論タグ(1件)

41 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-10 10:23:39
この『【反論】コスト的に見合わない』タグは、
抽象タグから分岐した『具象タグ(具体的なタグ)』である。

「具象タグ」には、以下の4つの情報を設定しなくてはならない。

@『タイトル』:タグ名(王のみ編集可)。
 ぱっと見て、どんな反論かわかるようなトピックス名。

A『責任者』:担当の騎士名。
 「分岐の元となった発言を述べた騎士」がデフォルトで任命される。

B『概要』:簡単な説明(王と責任者が編集可)。
 反論の主旨を理解していることを示すため、
 まずは王がタグ生成時に記述。

C『詳細内容』:長文の説明(責任者のみ編集可)。
 「分岐の元となった発言」がデフォルトで設定される。

※上記のとおり、王は、自由にタグは作れるが、
詳細内容』部分の書き込みは騎士にしかできない、
というところがミソである。

42 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-10 10:49:40
さて、王は、具象タグがうまく成立するようなら、
そのタグの下に『新たな反論タグ(抽象タグ)』を追加して、
さらなる反論意見を受け付けることができる。

■主張X
 ⇒【反論】コスト的に見合わない(1件)
  ・(概要)XXXXXXX
  ・(詳細内容)XXXXXXX...(全文表示)
   ⇒『反論タグ(0件)
 ⇒【反論】その主張を支持する統計データが存在しない(1件)
 ⇒反論タグ(1件)

そして、騎士たちは、
「コスト的に見合わない」という具体化された主張に対して、
どのような反論の可能性があるか』を『全員で一緒』に模索し、
アイデア(提案)』として、それを反論タグに追加していく。

――といった感じのことを、王と騎士は繰り返して
議論の大樹』の枝をのばしていく。

(そして、前述のとおり、王は、枝(タグ)に
いま議論したい』『あとで議論する
などのマーク(付箋)をつけて、育成の指揮ができる)

43 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-10 11:47:26
※ここまでの説明で『議論の大樹』がどういうものか、
 十分わかってもらえたかと思う。
ようするに、
「ブレーンストーミング(抽象、芽) ⇒ 意見化 (具象、枝)
 ⇒ ブレーンストーミング(抽象、芽) ⇒ 意見化(具象、枝)
  ⇒ ……」
といった展開になるよう、
議論の流れを最初からシステム化しておき、かつ、
その展開が自動的に『図示化』『タグ付け』されるよう工夫にした、
ということだ。

※ちなみに、「抽象タグ」は好きな名前をつけられるので、
さまざまな初期状態から始めることができる。

■主張X
 ⇒擁護タグ(0件)
 ⇒反論タグ(0件)

■アイデアX
 ⇒メリットタグ(0件)
 ⇒デメリットタグ(0件)

■課題Z
 ⇒改善策タグ(0件)

※なお、『議論の大樹(王を中心にみんなで作り上げる議事録)』を
育成するときは、
枝を伸ばしていくこと(止揚していくこと)』にのみ、
専心して欲しいので、 
根(前提)を掘り起こす行為』は極力避けて欲しいと考えている。

44 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-10 11:49:31
さて、話を戻す。
このようにして「議論の大樹」を育成していくと、
すべての発言は必ずなんらかのタグに関連付けられる
ことになる。

すると、
タグを指定してスレッドを表示する機能
を用いることによって
かなり議論が読みやすくなるだろう。

たとえば、

「【反論】コスト的に見合わない」から伸びたタグだけを表示する

と指示してスレッドを表示すれば、
「【反論】コスト的に見合わない」に関する
全ての発言(反論の反論も含む)を時系列に読むことができる。

46 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-10 11:51:08
【まとめ】このタグ機能により、以下のことが期待できる。

・タグ付けにより、そのレスが「議論の大樹」上の
 どの枝(論点)についてのものなのか、位置付けがはっきりする。

・反論Aと反論Bが並列に同時進行しても、従来より流れがつかみ易い。
 (なので、横レスしても大丈夫)

・遠い過去に流れ去った反論Aに
 新しい論点が見つかったときでも、議論が再開しやすい。
 (反論Aに関する発言だけ表示して読めるから)

・外部の人(もしくは途中から議論に参加したい人)が、
 あとから議論を追いかけるときでも
 「反論Aの枝だけ読みたい
 「時系列ではなく、トピックス順(反論A⇒B⇒C順)に読みたい
 といったニーズにこたえられる。

【重要】外部の人が、長大なレスをいちいち読まなくても、
 有益に議論ができているかどうか、『ぱっと見』ですぐにわかる。
 (議論に参加すべきかどうかの判断基準にできる)

以上までが『タグ機能』の説明である。

(続く:次は『王国の終焉』について)

2013年01月07日

飲茶が考える理想の議論のやり方(3)

前回記事:理想の議論のやり方(2)

47 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-11 00:01:05
王国の終焉(王国はいつ終わるのか?)について

まだ議論されてない箇所(芽だけがあって、
これから枝がのびる余地があるところ)は
「あとで議論するマーク」により一目瞭然である。

王と騎士は、このマークを目安にして
「まだ枝がのばせるところ」を
延々とのばし続けていくわけだが……。

終わらない王国は存在しない
どんな王国にもいつしか終わりは訪れる

永遠に続くかと思われるその議論も、
いつしか終わりをむかえるときがくるだろう。

ではどうなると、議論は終わるのか?

完璧な結論が出たので満場一致で議論が終わった
というハッピーエンドケースを除くなら、
だいたい、次の2ケースだろう。

48 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-11 17:53:34
<議論が終わるケース1>
枝をのばす気力がなくなった』のパターン

芽(あとで議論する)』として議事録wikiに記載したものの
誰もその芽を育てたいと思わない場合もあるだろう。

こういう場合、何も無理に枝をのばす必要はない。
「あまりに枝葉すぎて興味がわかない」
「その領域についてまったく知らないから意見の言いようがない」
など理由はさまざまあろうが、
とにかく『やる気がない』のだから、素直にやめてしまえば良い。

王は、みんなと相談の上、
あとで議論するマーク(ツボミのマーク)』を
後世に託すマーク(種のマーク)』に変更して、
枝の成長を打ち切ることができる。
(誰もやる気がないのだから、王に反対する人はいないだろう)

49 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-12 21:03:40
<議論が終わるケース2>
反論と擁護が出尽くしてグダグダになってきた』のパターン

「反論、反論の反論、反論の反論の反論……」
と順調に枝を延ばしていくと、
だいたいの場合、いつかネタ切れになる。

ようは、
「反論意見も擁護意見も、
 説得力のある強力なものがすべて出尽くしてしまい、
 これ以上、特に言うべきことがなくなる」
という状況だ。

つまり、そこが王を含む騎士全員の
成長限界点(ライジングリミットポイント、RLP、通称ループ)
である。

もし、この『成長(止揚)限界点』に突入しているにも関わらず、
無理やり枝をのばそうとするなら……、
間違いなく『グダグダ』な感じになって、
みっともない『枝ぶり』になっていくだろう。

50 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-12 22:33:31
たとえば、ある主張について
騎士のひとりがこんな反論を提示したとする。

その主張を支持する具体的な統計データが存在しない

もし、ここでその統計データの存在について、
参加者の誰も情報を持っていない』としたら、
これ以上、この反論について何も言う事はできないだろう。
無いものは無い』のだから『あーそうなんだ、無いんだね』で終わるだけの話である。

しかし、そこを無理やり反論を言ったとしたら……

「僕の経験では、こうだったよ」
「でも、それはあまりに個人的すぎるって反論がありそう」
「でも、一応、データではあるよね」
「だったら、私は、それと反対の経験を持っています」

といった『グダグダっとした感じ』の展開にならざるを得ない。

おそらく、まともな王であれば、
「うえー、これらを本当にタグにするの?
 せっかく綺麗に育ってたのに、台無しじゃん!
 ていうか、元の主張の反論になってないし!」
と思うことだろうし、
おそらく、当事者の騎士たちですらも、
「すみません、枝にするのは勘弁してください!
 晒し者は嫌です!」
と思うことだろう。

51 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-13 12:31:12
多くの場合、私たちは議論が変な方向に流れても、
なかなかそれを止めることができない。

特に、『対立図式』による掲示板の場合は、
(ようするに、従来の議論掲示板の場合は)
レスの応酬で議論が続いていくので、
そこそこまともな論者同士』であったとしても
こんな状況が起こりがちである。

1)レスを引用しあううちに、
 とんでもない方向に議論が転がりがち

@「相手」のレスAを引用して、レスBを返す。
A「自分」のレスBが引用され、レスCが返ってくる。
B「相手」のレスCを引用して、レスDを返す。

といった『引用形式』で、レスの応酬をしていると、
ものすごく自然な形』で、
ものすごく主題から遠い方向』に
論点がずれていってしまうことが多々ある。

52 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-13 13:38:34
2)レスを返さないと、論破された気分になるので、
 延々とレスを返してしまう

時系列表示の議論掲示板の場合、
最後の発言が目立ってしまう』ので、
私たちはどうしても、
反論しなかった人の負け(逃げ出した)
最後に反論した人の勝ち(論破した)
みたいな印象を持ってしまう。
その結果、
明らかに主題からずれていることがわかっていても、
延々とレスを返してしまうことが多々ある。

ようは、
言われっぱなしのまま終わるのは、なんだか悔しい!
という話だ。

結局のところ、お互いに
最後に自分がツッコミを入れた状態で終わりたい
と思っているのだから、
当事者同士でレスの応酬を『終えられるわけがない』。

「違います。こういう考え方も成り立つと思います」
「それは、この場合には成り立ちませんよ」
「それは、成り立たないケースをわざわざ考えたからそうなるだけです」
「では、成り立つケースの方が一般的という根拠を示してください」
「いえ、まずあなたが成り立たないケースについて根拠を示すべきです」
「いえいえ、説明責任の観点から、明らかにあなたが示すべきです」
「どうも説明責任の意味を理解していないようですね。そもそも……」

こうして、第三者から「いい加減にしなさい」と言われるまで、
グダグダの議論が続いてしまう。

53 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-13 15:38:13
しかしである。『王と騎士』形式の議論の場合、
議論の大樹』によって議論の流れが『図示化される』ことで、
グダグダっぷりそのもの』が物凄く『目立つ』ことになる。

ようは、

「なんでこんなことになっちゃったの?」
「明らかにぜんぜん違うこと話してるじゃん!」
あーこの人たちが、議論を台無しにしてるんだねー

という状況が『見た目』で一目瞭然になるのだ。

これははっきりいって、

恥ずかしいッッ!

54 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-13 19:29:29
私は、
この『恥ずかしさ』が、論者に冷静になるきっかけを与える
と期待している。

実際のところ、王から
「あの……これ本当にタグとして枝にしますか?」
と問われたら、そりゃあ冷静になって考えるだろう。
その枝の責任者として、整備しないといけないのだから。

・ノリや勢いや流れで反論した
・反論されたから反論した

ぐらいの話であれば、おそらく、
「すみません、枝葉の話ですので、タグ化は結構です。
 ていうか、しないでください」
と辞退することだろう。

こういうとき、王は、
「ここまではうまく成長できたよね」
と思える枝まで立ち戻り、仕切りなおしをすれば良い。

※ところで、こういうと
「恥ずかしく思わないヤツもいるだろ?いたらどうすんだよ!」
と反論したい人もいるかもしれない。
そのとおり、きっといるだろう。だが、本システムは
「絶対に恥ずかしく思うから、これで万事解決だ、完璧だ」
と盲目的な主張をしているわけではないことに注意しよう。
あくまでも「タグ化」という「ひと手間」をかけることで
「比較的、軽減される傾向が生じるだろう」と期待しているのである。

※また、タグ化するということは、必ず短いタイトルをつけることになるので、
議論の主題とマッチしているかどうかが一目でわかる。
たとえば、「アイデアXで原発をなくせるか?」というテーマの議事録で、
「○○君は、説明責任を理解していない」というタイトルのタグを
つけることは、まともな論者であれば「え?」って思うだろう。
(しかし、いわゆる普通の議論掲示板では、まともな論者でさえ、
主題と関係ないことについて
――たとえば、ある論者の議論の姿勢について――
延々とレスをつけてしまいがちである。
結局、システムとしては、
『まとも』な論者の暴走(脊髄反射的な不毛な反論の応酬)を
防ぐことに貢献できれば良いのである)

というわけで、とにかく、こういう泥沼の流れが起きたとき、
「タグ」として短いタイトルをつけることで、
「第三者に有益ではない、主題と関係ないことをこの人たちがやってます!」
と「一目」でわかることが大事だと考える。
なぜなら、結局、タグ機能により泥沼議論はどう転んでも、
第三者には有益だからだ。

ケース1)タグ化という手間と明確化によって、泥沼にブレーキがかかる。
 →ラッキー!
ケース2)ブレーキがかからず、泥沼の議論が延々とタグ化されていく
 →泥沼が「一目」でわかるので、第三者的には
 価値のない議論をしていると「一目」でわかってラッキー。
ケース3)ブレーキがかからず、タグ化もされない。
 →どうせ第三者はタグしかみないから、関係ない。ラッキー。

ようするに、最悪ケースで「当事者が恥ずかしい」と思わなくても、
「一見するだけで恥ずかしいとわかる大樹(議事録)」
が出来上がることは、とても有益なのだ。
「あー、こういうふうに議論がグダグダになるんだね」という
悪いお手本になるし、「こいつらロクな騎士じゃないな」と知ることができる。
いちいち長大なレスを読まなくても、それが把握できるのは、
従来のスレッド式掲示板と比べて、
単純に「コスパが良い!」と言えるだろう。

※ちなみに『王 VS 騎士』の構図でグダグダになるケースもありうるが、
この場合は、グダグダを成立させること自体が難しいだろう。
なぜなら、王は、他の騎士に
「こういう(グダグダの)反論を思いついたので、
 その反論の責任者になってくれませんか」
と依頼をしなければならないからだ。
そして、もし、王自身が大樹作り(議事録作り)を忘れ、
率先してグダグダ議論を繰り返すようなら……
当然、まともな騎士から順番に去っていき、
王国は滅亡することになる。

55 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-15 14:58:43
しかし、仕切りなおしをしても、
やっぱりうまく成長できない場合は、
やはり、そこが『僕たちの成長(止揚)限界点』、
ライジングリミットポイント、通称ループ
なのだろう。

この場合、王は、みんなと相談の上、
その枝に『議論終了マーク(お花のマーク)』を付与し、
意見を受け付けていた「抽象タグ」を受付停止にして、
その枝の成長を打ち止めにすることができる。

※ちなみに、一番良いのは、
枝の末端に『総論』という具象タグを作り、
これまでの議論を総括するような文面を記載して、
議論終了マーク(お花のマーク)』をつけることだ。
たぶん、見栄えが良いはず。
そして、一番、『自信のある議論ができた総論』のところに、
大きなお花のマーク』をつけるのだ。

56 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-15 21:03:21
フェスティバル(祝祭)について

さて、王と騎士たちで議論を尽くし、
すべての枝について成長する余地がなくなったところで、
(ここらが僕たちのライジングリミットポイントかなと思ったところで)
議論の大樹』の育成は終了となる。

最後に、王は騎士たちに向かって
「議論を終了しても良いか」を呼びかけ、
そして、そこで『一定数の賛同』が得られれば、
その王国は

フェスティバル

へと移行する。

57 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-16 01:32:22
フェスティバル(祝祭)』とは
「議論の大樹」を国外に発表するイベントである。

フェスティバル期間中は、
議論掲示板のアカウント取得者全員に、
「議論の大樹」が完成したことが大々的に周知される。

これにより多くの人々が、
完成した「議論の大樹」を観賞しにやってくることになるが、
このとき、彼ら観賞者たちから「拍手ボタン」により『拍手ポイント』を
もらうことができる。

(なお、ネット検索で偶然訪れた人など、
 アカウントを取得していない人も拍手可能とする)

その結果、たくさん拍手をもらった王国は、
王国ランキング』に記載され、
素晴らしい大樹を育てた国として、長く参照され、
千年王国』となる。

また、拍手のポイントは、王と騎士にも振り分けられ、
それぞれ
王ランキング
騎士ランキング
に記載されて、その手腕を称えられることになる。

58 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-16 12:49:11
以上までが、『王と騎士による議論方式』の主な説明である。

【まとめ】

・『王と騎士による議論方式』とは、
 ある前提の元で掲げられたひとつの議題に対して、
 その論理的構造(反論の構造、反論の可能性)を明らかにし、
 それを『議論の大樹(議事録)』として表現して、
 その『美しさ』をみんなで共有して『愛でる』ゲームである。

※美しさ(第三者が見ても反論の構造が綺麗に洗い出されたかどうか
すなわち、第三者にとっても有益かどうか)が評価のポイントであるから、
「王の個人的思想を強引に反映した大樹」よりも、
「中立の視点で都合の悪い反論もきちんと掲げた正直な大樹」
の方が評価が高くなるだろう。
たとえば、「アイデアXで原発を根絶したい!」
という議題ではじめた王がいて、

「すみません、残念ながら、こういう致命的な反論があり、
 それに対する反論を誰も思いつきませんでした」

という感じで議論を終わったとした場合……
我々は、その王を無能だと非難するだろうか?
いいや、むしろ逆だ!
我々はその王の「心意気」と
「論点をきちんと洗い出した客観性の溢れる優れた議事録」に
感謝と惜しみない拍手を送るだろう!

・『美しい大樹』を作った王と騎士は、伝説の英雄として称えられ、
 『拍手ポイント』をもらい、ランキングに記載される。

・『王のランキングが高い』とは、
 『議長やファシリテーターの能力が高い』ことを意味する。
 ランキングの高い王には、優秀な騎士が集まり、大樹の注目度も高まるだろう。
 ランキングを上げるためにも、王は、
 『第三者が見ても美しい大樹(有益な議事録)』を作ることを目指さなくてはならない。

・『騎士のランキングが高い』とは、
 『優れた論理性を持つ、万人に有益な論客である』ことを意味する。
 ランキングの高い騎士には、古代中国の『諸子百家』時代と同様に、
 王からたくさんの『スカウト(オファー)』がくるであろう。
 (なにせ有能な騎士がいないと、立派な大樹の育成は難しいのだから)
 ランキングを上げるためにも、騎士は、
 王に『自らの視点(他の人にはない考え方)』を提供し、大樹作りに貢献することを
 目指さなくてはならない。

59 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-17 11:00:06
基本的な説明は終了である。

以降は、まだ語っていない「機能」や「要所」について、
ざっくばらんに書いていこうと思う。

飲茶が考える理想の議論のやり方(4)

前回記事:理想の議論のやり方(3)

60 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-17 11:06:52
騎士の視点からみた議論ゲーム

この「王と騎士の議論方式」をひとつのゲームとして捉えるなら、
騎士が参加する目的は、だいたい以下のものとなるだろう。

・評価の高い大樹の育成に参加し、たくさんの拍手ポイントをもらいたい。

・自分の意見をたくさん採用してもらいたい。

・興味のある議題について、美しい大樹の育成に参加してみたい。
 (議論によって反論の構造が明らかになることが楽しいから)
 ※そもそも騎士は、議論掲示板に来るような人なのだから、
 『理路整然と、簡潔に、わかりやすく論点がまとまった理屈
 に触れると、『面白い!』『すげえ!』『いいね!
 と感じるセンス(価値観)を持っているはずである。
 であれば、理路整然とまとまった「議論の大樹」も『美しい』と感じるはず。
 美しいものの作成に参加したい、それは自然で健全な動機だと思う。

上記のいずれの目的にしろ、それを果たすための必須の条件は、
良い王様』の存在である。

「良い王様」のいない王国に行ったところで、
 ・まともな意見なのに採用してくれないわ
 ・ロクな大樹は作らないわ
 ・騎士はどんどん逃げていくわ
 ・あげくに、フェスティバルに移行できず、
  拍手がひとつももらえないわ
 と、まったくもってメリットが発生しない。

だから、慎重に「良い王様」を選ぶことが、騎士活動の第一歩となる。

61 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-17 23:35:26
ここで、「良い王様」を選ぶときの基準となるのが、
その人の「過去の実績」である。

王国に入るかどうか迷うときは、その王様のプロフィールページから
「過去の実績」を表示してみれば良いのだ。

まず、その人が、過去に王様をやったことがある人ならば話が早い。
その人の過去の王国にいって、『議論の大樹』を見れば良い。

もちろん、その大樹への『拍手数』が客観的な基準となるが、
それ以外にも
上手に意見を拾い上げて、枝にしているかどうか
偏った意見ばかり採用していないかどうか
が『見た目』ですぐにわかるだろう。

もし、
・抽象タグに意見が溜まったまま、放置している。
・重要な反論があるのに、自分の都合の良い意見だけ枝にしてる。
・騎士から賛同が得られず、フェスティバルに移行できていない。
といった実績ばかりの人だったら、
まず間違いなく『王としての能力がない』と考えてよい。
(なので、近づかない方が良い)

なお、仮に、その人が王様をやるのが今回はじめてだった場合には、
騎士ランキング』や『過去の発言』を参照することで
ある程度は、人柄や能力を判断することができるだろう。

62 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-30 22:07:19
つまるところ、
「良い王様である」=「拍手ポイントがたくさんもらえる確率が高い」
という構図であるのだから、
騎士は、なるべく良い王様がいる国に行きたいよね
という当たり前の話をしているわけだが……、

実のところ、ここはとても重要なポイントである。

というのは、従来の議論掲示板では、この当たり前と『逆の現象』が
起こりがちだったからだ。
たとえば、こんなケースを見たことがないだろうか。

@ツッコミどころ満載の人が、ツッコミどころ満載のスレッドを立てる。

Aツッコミどころ満載ということは、
 すなわち『レスがつけやすい』ということを意味する。
 レスがつけやすいので、さくさくレスが集まる。

B「レス数が多い=人が多い=活発に意見交換している」ということから
 『今、一番注目されている熱いスレッド』的な位置づけになり、
 みんながやってくる。

Cそこに、スレ主が、ツッコミどころ満載のレスをつけまくる。

D――大盛り上がり――

63 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-30 22:12:51
従来の議論掲示板において、その活動の原理は
端的にみもふたもなく言えば『ツッコミ』である。

「いやいや、それはおかしいでしょ?」
「そう思える根拠ってなんなの?」
「このケースはどうなるの?」
「むしろ、こう考えるべきじゃないの?」

と言った『ツッコミ(相手の隙を見つけてはスパコーンと
スマッシュを打ち込んで超気持ちよくなる行為)』を互いに行い、
ひとつのテーマについて理解を深めていくのが、
「従来の議論掲示板」の流れであるが、

そのせいで、
ツッコミどころ満載の人が人気者になる
というヘンテコな状況が創出されてしまっているように思える。

(もちろん、それは人情としてよくわかる。
 もし、私が原発についてそれなりの知識を持っていたとして、
 明らかに変なことを言っている論者がいたら……、
 そりゃあ、やっぱり
 『理路整然と鮮やかにその間違いを指摘してやりたい
 と思うことだろう)

私は、この『ツッコミどころ満載の人が人気者になる』という
現象を食い止めたいと思っている。

そして、そのためには、
ツッコミどころ満載の人にかかわってもメリットはないよ
と思えるような目的設定をすることが重要だと考えた。

64 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-30 22:21:25
すなわち、議論の参加の目的を、

発言の不備を見つけて、互いにツッコミしあうこと』から

第三者がみても、ああ良い議論したね、と言えるような良い議事録を作ること

にシフトするのだ。

そうすれば、ツッコミどころ満載の王国(スレッド)に参加する意義がなくなり、
「そういう国ばかりが盛り上がる」というおかしな現象もなくなる。

【ポイントまとめ】
王も騎士も、究極的な目的は、
互いの知識や視点を持ち寄って、完成度の高い議事録を作ること
である。

そして、その議事録をもって『キミたちは良い議論をした!』と評価され、
それが形として残るような議論掲示板を、私は目指したいと思っている。

65 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-31 00:05:30
Q:王が、都合の良い反論しか取り上げないのだが、どうしたらいいか?

A:もし、王に不信を持つのなら、すぐに王国から出ていってほしい。
 (退国ボタンを押してもいいし、書き込みをやめるだけでもいい)

「王と騎士」の議論形式の良いところは、(そして恐ろしいところは)
「王様が、どんな意見を枝として取り上げているか」をぱっと見るだけで、
その王様の『人柄』『センス』『思想』が、
言葉を交わすまでもなく』すぐにわかってしまうところだ。

たとえば、仮に、王様が、
自分の主張に都合の良い意見ばかりを枝にしていたとしたら……、
それはもう『そういう人』だということだ。
むしろ、それが『ぱっと見でわかった』ことに感謝しよう。

もし、これが普通の掲示板で『対等』に話し合う議論形式であったなら、
あなたは、
自分の都合の悪い意見は耳に入らない人、結論ありきで主張を譲らない人』を相手に、
そういう人』だとわかって『うんざり』するまで、
延々と言葉を交わしていたかもしれない。
(それどころか、論破して認めさせてやろうと、
 レスの応酬を繰り広げたかもしれない)

だが、幸いなことに「王と騎士」の議論掲示板では、
騎士は王に、システム上、絶対逆らうことができない。
(王は騎士の発言を削除したり、書き込み禁止にしたりできる)
だから、王が『そういう人』だとわかっても、
騎士は『近寄らない』という対処しかできない。
ゆえに、騎士が『そういう人』を相手に、
時間を無駄にしようとする(論破しようとする)ことが
できない(もしくは立場が違うので、やる気が起きない)』のである。

66 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-31 00:43:37
王の視点からみた議論ゲーム

騎士が、王国の議論に参加したいときには、
従来の掲示板同様に、
自分の意見をその王国(スレッド)に書き込むわけだが、

もしこの騎士が、
初参加(その王国にとって初めての書き込み)』であれば、
まず王は、彼を王国に迎え入れるどうか判断しなくてはならない。

具体的にはこんな感じだ。

(1)初参加(入国審査前)の騎士が意見を書き込む。
初参加なので、この発言はスレッドには表示されない。

(2)この発言は王だけが読める。
王は内容を確認し、問題がなければ入国を承認する(スレッドに表示される)。
問題がありそうなら『無視』する(スレッドに表示されないままとなる)。

以上。さて、
もし、その入国審査前の発言が下記に当てはまるようならば、
入国させない方がいいだろう。

・改行がなくて妙に長い。句読点がめちゃくちゃ。
・意味がよくわからない。
・口調が乱暴で、この議論掲示板の主旨を理解してなさそう。
・初対面なのに、フランクで、切り捨てるような物言い。

おそらく、こういう人は、他の騎士たちとも揉めて、
王の負担を増やし、悪くすれば王国の崩壊を招くことになる。

逆に、建設的な意見で人柄も良さそうなら喜んで王国に迎え入れよう。
以後、その人は『王国の一員』となり、普通の掲示板として
自由に書き込みができる』ようになる。

67 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-31 00:49:59
Q:ウワッと思うような反論が騎士から来たのですがどうすれば良いですか?

A:放っておけば良い。王の目的は「立派な議論の大樹を育てること」なのだから、
 王は、そんなものにはいっさい関わらず、
 「なるほどと思う反論」「核心をついたと思う反論」だけを選んで具象化し、
 その反論の枝を伸ばしていくことに専心するべきである。

 とにかく重要なことは、王は「騎士の反論」に対して、
その反論は不適切です!論理破綻してます!話す価値がありません!」などと
 否定してはいけないということだ。

 従来のスレッド式掲示板の場合は、「突っ込みどころ満載の反論」があると、
 どうしてもスレ主(王)は、「それがいかに的をはずした反論であるか」を
 理路整然と否定したくなる傾向があった。
 (だって、反論しないと、反論者がモニターの向こう側で
 「あれあれ?レスがこないってことは論破ってことでいいですか?www
 それとも都合の悪い反論は無視ですか?www

 って感じでニヤニヤしてそうでムカつくから)
 こうして、「マトモな反論」は差し置かれ、
 「ドウデモイイ反論の否定」でスレが埋め尽くされるわけだが……、
 はっきりいって時間の無駄。
 仮にやるにしても、まず「マトモ」と思われる方を優先し、
 そっちから先に議論するべきであろう。

 こうした「ドウデモイイ反論を先に論じて議論がグダグダ傾向」を止めるためにも
 王は、騎士たちの反論を「正しい/正しくない」という観点で見るのではなく、
 「優先度が高い/低い」という観点で見て、
 「優先度が高いと思う反論(王のモチベが維持できる反論)」から先に具象化し、
 「今議論したいマーク」をつけて、
 「とにかく綺麗に枝が伸びる(有益な議事録ができる)」方向に、
 議論の流れを誘導しなくてはならない。

 ※そして、(王にとって)真にドウデモイイ反論は、そのまま捨て置けばいい。
 「反論の提示ありがとうございます。とりあえず、今、こっちを議論したいので
 いったん保留ということで(^^)また後で議論しましょう(^^)
(10年後か、100年後かは知りませんが)」
 という感じで、穏便にスルーすれば良いのだ。

 もしくは、正直に、「その方向に枝を伸ばすモチベがないこと」を告白して、
 「後世に託すマーク」をつけて終わらせてもいいだろう。
 そのマークをクリックすると、新しい王国が建国され、
 続きを別のメンバーで議論することができる。
 (切り取られた枝が、「接木(つぎき)」として新しい議論の大樹となるイメージだ)

Q:騎士として入国を許可した人が、言うことを聞かないがどうすればいいか?

A:休暇ボタンにより、彼に『休暇』を与えなさい。

すると、彼に向かって、休暇を与える旨の『公文書』が発行され、
彼は入国審査前の状態に戻ることになる。
(つまり、以後、彼はスレッドに直接書き込めなくなる)

なお、『休暇』を与えた直後から、『1ヶ月間』は、
その騎士からの再入国の申請も受け付けないものとする。(門前払い)

※なぜかというと、
「入国審査のシステム(王にしか見えない発言を送る仕組み)」を使って、
王に、一方的な不平を延々と訴えてくるかもしれないだ。

68 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-31 00:59:43
Q:公文書とは何か?

A:入国前の騎士に、王が意思を伝える際に発行される『形式的なお手紙』である。

たとえば、すごく嫌な騎士がいて、
その人を『除名(休暇に)』したとする。

このとき、王は、
除名(休暇)について何も発言してはならない!
(除名の理由も、除名があったことも、公に述べてはならない!)
という『国際法』を遵守しなくてはならない。

※国際法をやぶると『法王庁(管理者)』からペナルティ(アカバン)をくらう。
なお、法王は、本議論システムを作った人ではなく、
信用度の高い王が密かに選ばれ、その人が運営しているものとする。
法王の顔が見えないことで、アカバンされた人は個人的な私怨を持ちにくくなるし、
システムを作った人(つまり、飲茶)は、
「すみません、別の人がやってるので私は知りません>△<」と言い張ることができる。


除名については一切言及不可!
除名するなら、黙って除名!

これが除名の原則である。

※なぜ王は除名について語ってはいけないか?
それは、除名された側(騎士)が何も発言できないのに、
除名した側(王)が『あいつを除名した』などとあーだこーだ言うのは卑劣だからだ)

そのかわりに、除名した相手には、
以下のような形式的な『公文書』が自動的に発行される。

「大変申し訳ありません。騎士の人数が多すぎて、
 王がすべての発言を拾い上げることができない状態になっています。
 つきましては、王の負荷を下げるため、
 騎士の人数をしぼらさせていただきたいと考えました。
 ○○様におかれましては、
 今回の休暇を利用して諸国をめぐっていただき、
 より見識を高めて、いつの日にかまたわが国に戻って
 活躍していただけることを期待しております。
 なにとぞ、ご了承のほど宜しくお願い致します」

69 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-31 01:53:38
Q:でも騎士として除名すると恨まれないか?

A:恨まれてもデメリットは発生しない。
最悪ケースで、その騎士が王国を作ったとき、
悪意でそこに入れさせてくれないぐらいである。
(もっとも、除名した人の王国に行きたいとは思わないだろうが)

ちなみに、この「除名(休暇)」システムの良いところは、
除名された騎士が(晒し者になって)恥をかかない
というところである。

というのも、他の参加者には、
除名されたから、書き込まなくなったのか
気に入らないから、自分から王国を出て行ったのか
別の王国が楽しくなって、ただ書き込まなくなっただけなのか
その見分けがつかない。

※『追い出した/追い出された』などの言及は、国際法で禁止とする。

また、「あの王はおかしい」「あの騎士はおかしい」などと
不満も語る場所も、システム上、存在しない。

ようするに、『除名』によって、
王国の雰囲気が悪くなったりしないということだ。

だから、王は、集まってくれた優秀な騎士たちのためにも、
立派な「議論の大樹」を作ることを最優先に考え、
ダメだと思った騎士は、さくさく除名してしまって、
まったくかまわない。

おそらくだが、騎士の顔色ばかりをうかがって、
どんな騎士でも入国を許し、
どんな取るに足らない意見でも枝にするような弱腰な王は、
人として好かれるかもしれないが、
育てた大樹の評価は、確実に低いものとなるだろう。

「この王が仕切ると、ロクな大樹ができない」

そんな実績が固まれば、優秀な騎士は集まらなくなり、
結果、自分の首を絞めることとなるだろう。

70 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-31 02:06:21
スカウト機能について

王は、なにも黙って騎士の参加を待つばかりではない。

王から騎士にむけて、『スカウト』をすることができる。

たとえば、以下のような騎士は、積極的に王国に来てほしいと思うだろう。

・評価の高い大樹の育成に、いつも名前が挙がっている騎士
・ランキングの高い騎士
・現在、議論中の王国で、建設的な発言をしている騎士

こういう人がいたら、その人に対して『スカウト』ボタンを押せばいい。

すると、その相手に向けて、スカウトの公文書が発行され、
「王国に来て欲しい」という旨が通知される。
なお、スカウトすると、その騎士は『入国審査済』となり、
いつでも好きなようにスレッドに書き込める状態になる』。
(初回の発言でも、そのままスレッドに表示される)

71 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-31 02:14:19
おそらくであるが。
スカウトされるというのは、たぶん『すごく気分がいい』と思う。
なにせ、自分の能力が認められたわけだから。

そうなると、むげにはできない。

王国の発展のため、どうかあなたの優れた知恵をお貸しください
と言われたんだから、
これはいっちょうその王国にいって、大樹を育てるのを手伝ってやろうか、
という気分になるだろう。

といっても、人間である以上、『時間は有限』である。
すべてのスカウトに答えていたら、きりがない。
そうなると
「面白そうな議題の王国」
「評価が高く、多くの実績を持つ人の王国」
のスカウトのみに答えて、
他の王国は「まぁ時間があったら」という感じになるだろう。

72 名前: 飲茶 投稿日: 2012-12-31 02:29:32
ちなみに、このスカウト機能は、
古代中国の『諸子百家』時代を模して追加した機能である。

そもそも。
国家を運営するためには、優れた人材が必要である。
人材のいない国家は、遅かれ早かれ、滅びてしまう。
そこで、各国の王は、優れた人材を求めて奔走しなくてはならない。
すると優れた人材は、優れていれば優れているほど、
各国からスカウト(オファー)が殺到する構図となる。

一方、優れた人材の側からすると、
有限の時間を有効に使うために、
また、自分の名声をさらに高めるために、
自分を活かしてくれる名君を探さなくてはならない。

横暴でツッコミどころ満載の王国があったとしても、
そんなものに関わるのは時間の無駄である。
(そんな国にいって、暴君に協力したり、暴君を論破したところで、
 何の実績にもならないし、悪くすれば汚点になる)

また、こういう構造であるため、王は、常に名君であろうとしなくてはならない。
もし、王が、
「偏った思想」を流布するために「偏った意見」だけを取り上げて、
「偏った大樹」を作成したら、どんどん人が減っていくし、
ロクに拍手ももらえなくなるだろう。

権力をかさに、好き放題に横暴を振るって悪評がたったら、
優れた人材が王国にやってこなくなり、
結果、王国は衰退の一途を辿ることになるのだ。

2013年01月18日

【完結】飲茶が考える理想の議論のやり方(5)

前回記事:理想の議論のやり方(4)

73 名前: 飲茶 投稿日: 2013-01-11 18:05:25
――エピローグ――

最後に「議論とは何か」という根本的な話をして、終わりとしたい。

議論とは何か?

ネットで検索すれば、
「議論とは○○である」という定義はいくらでも見つかると思うが、
そういう形式的な定義は、だいたいはただの『お題目』であり、
はっきり言ってどうでもいい』。

議論の本質に迫るにはそんなことよりも、
そもそも、あなたは何を求めて議論と呼ばれる行為を行っているのか?
という目的、動機(もっといえば欲望)について問いかけるべきである。

ようするに、

どうなりたくて、あなたは議論をしているのか?
どうなったら、あなたにとって議論が成功したと言えるのか?

という話であるが、その答えは、おそらく、

「『自分の考え(主張、問題意識)』を
 『相手(他者)』に理解してもらったうえで、
 相手から
 『自分ひとりでは気がつかなかった視点(反論、提案)』を
 提示してもらい、
 それによって自分の中に今までになかった『新しい考え』が
 生じたとき」

であろう。

この状態になったとき、僕たちは
ああ、議論をやって良かった』と思えるわけだし、
そもそも僕たちはこの状態を求めて、
「議論と呼ばれる行為」を始めたはずである。

(他人を論破して快楽を得たいという
 馬鹿げた目的で始めたのでなければ)

結局のところ、僕たちは、
他者の知見(自分の知らなかったこと、気づかなかったこと)
という『利益』を求めて議論を行うのである。

74 名前: 飲茶 投稿日: 2013-01-11 18:10:40
しかしである。それが議論の目的であるとするなら、
ちょっと面倒なことになる。
というのも、当の議論相手も、それを求めているからだ。

たとえば、互いに『他者の知見を得よう』とした場合、
次のようなことが起こりがちである。

@Aさんが、
 『自分の知らない意見(他者の知見)』を得ようとして、
 Xの方向(Aさんの問題領域)に議論を進める。

Aしかし、議論相手のBさんの『論じたいこと』は、
 Yの方向(Aさんと違う問題領域)にありに
 Bさんはそっちの方向に議論を進めてしまう。

B「AさんはX方向に議論をひっぱろうとし、
  BさんはY方向に議論をひっぱろうとする」
 という『綱引き』がはじまる。

C互いに自分の『問題領域』『前提』『論点』に
 ひきずりこむことに終始し、
 まったく話がかみ合わず、議論が建設的に前に進まない。
 (なぜなら相手が、
  私の土俵――『私の問題領域』『私の前提』『私の論点』――
  の上で、レスを返してくれないから)

D議論が進まないことに互いに苛立ちをおぼえはじめ、
 徐々に雰囲気が悪くなる。
 また、『Aさん VS Bさん』という対立構図がはっきりするので、
 Cさん、Dさん、その他の人たちは
 横レスしにくくなってレスを控えて傍観モードに入る。

E結局、『論じたいこと』が違う以上、どんなに言葉を交わしても
 議論が前に進むはずも無く、やっぱり話がかみ合わないまま
 ――終了!

 ※ちなみに、
  もし両者が『それなりにまともな論者』であった場合には、
  『互いの観点や認識の違いを分析しあって終了
  ということもあるだろう。
  ようは、 

  「私は、こう考えるからこういう結論になるわけですが、
   あなたは、こう考えるからそういう結論になるのですね、
   あー、なるほど、そうなんですね」

  を着地点として議論を終えるパターンであるが……、
  しかし、果たして、それだけのことに、
  物凄く長い時間を費やす価値が本当にあったのだろうか?
  本当にそんなことが知りたくて両者は議論を始めたのだろうか?

75 名前: 飲茶 投稿日: 2013-01-18 15:09:17
ここで『囚人のジレンマ』という言葉について考えてみてほしい。

囚人のジレンマとは、

「お互いが譲り合わず、自分の利益だけを求めてしまうと、
 全体としてもっとも低い利益しか得られない」

という状況を表す『ゲーム理論』上の概念であるが、
前述のとおり、議論はまさに
この『囚人のジレンマ(互いに相手を利用しようとして共倒れ状態)
に相当する。

囚人のジレンマを解消するひとつの方策は、

今回はアナタが利益を得る番で、ワタシが協力する番ですよー

と『役割』をあらかじめ決めておいて、
その役割を順番に『交代』することである。

76 名前: 飲茶 投稿日: 2013-01-18 15:22:27
仮に今回は、『Aさんが利益を得る人(王)だ』と決めたとする。
この場合、Aさん以外の人たちは『騎士』となり、
Aさんのために、Aさんが利するように』行動しなくてはならない。

たとえば、Aさんが次のような
議論の種(議論したいという想い、欲望)』を持っていたとしよう

「太陽電池いっぱい作って、原発を無くせばいいじゃん♪
 って、子供の頃からずっと思ってたんだけど、
 このアイデアって、どこに問題があるんだろう?
 実現するにはどうすればいいんだろう?
 だれか、このアイデアに意見をくれないかなーー」


さて、このときAさんは『王(奉仕される側)』なのだから、
その他の人たちは『騎士(奉仕する側)』として、
Aさんが論じたいこと』に付き合い、
Aさんの『議論の種』が立派な大樹となるよう
協力』しなくてはならない。

けっして、

「そんな簡単なことで解決するなら、とっくの昔に解決してますよ。
 なぜそれが未だに実現していないのか、考えてみたらどうですか?」

とか

「それよりも、○○を作る方が良いですよ」

とか

「作るためのコストや場所はどうするんですか?
 実現性を考えずに語っても、それはただの妄想ですね」

などと言って、
Aさんの論じたいことから外れようとしたり、
(Aさんの顔を潰すような形で)論破しようとしたり
してはならない。

77 名前: 飲茶 投稿日: 2013-01-18 15:24:59
なぜ、Aさん以外の人たち(騎士たち)は、Aさん(王)のために
無償で知見を与えなくてはならないのか。
もちろん、
それは、後日、『自分が大きな利益を得るため』である。
自分が『利益を得る人(王)』になる番がきたとき、
協力してくれる人が少なかったら目も当てられない。
だから、自分の番ではないときは、精一杯、他者のために奉仕するのだ。

以上のように、
不特定多数の論者が『対等』の立場で
せーので』でガチンコで議論をするより、

「今回は、僕が『』をする人です。
 僕は、これこれの議題について、
 できるだけ多くの『他者の知見』を集めて
 自分の見識をレベルアップしたいと欲望しています。
 みなさん、今回に限り、僕に『奉仕』してください」

と、みもふたもなく『役割(優位性)』をはっきりと明言して、
議論をはじめた方が『全体の利益が向上する』と私は考えている。

78 名前: 飲茶 投稿日: 2013-01-18 15:49:49
【まとめのまとめ】
従来の議論掲示板では、

(すなわち、ネットで知り合った不特定多数の人々が、
 『対等』に議論する場所では)

「Aさんの理屈はおかしい」
「Bさんこそ間違っている」
「いや、だから、私が言いたいのはそういうことではなく――」

と『解釈、理解、前提の違い』を
個人間』でぶつけ合い、
後日、本人たちですら読み返さない文章』を
延々と書き込み続けて
有限の時間』を消費し続けてきた。

私は、この状況を改善するため、
以下のようにパラダイムを転換した議論掲示板を提案する。

・『対立』から『協力』へ
 この議論で誰が『他者の知見を得る』という恩恵にあずかるのか、
 『役割』をはっきり決めてから始める。

・『論破』から『提案』へ
 反論は、相手の不備を攻撃(指摘)するのではなく、あくまでも、
 「こんなふうに言われそうです」という観点で提案し、
 反論者も一緒に「反論の反論」を考える。

・『書き捨て』から『議事録』へ
 タグをつけながら発言して論点を「」として整理することで
 自動的に議事録(ツリー図)ができる仕組みとし、
 その「議事録の質」をもって議論が評価される。

79 名前: 飲茶 投稿日: 2013-01-18 16:15:51
【さいごに】

日本人は議論が下手』だと言われている。
(ためしに「日本人 議論」でネット検索してみよう)

面と向かって反論されるのが苦手で、
反論=攻撃』という先入観をもっている我々日本人は、
たしかに議論がどうしようもなく下手である。

しかし……だからこそ!

「議論が下手だ」と言われている我々だからこそ!
それを逆手にとって、
よりストレスの少ない楽しい議論のやり方』を
考えられるはずではないだろうか!

不特定多数の人がそれぞれの視点を持ち寄って行う
インターネット上における議論』。

ただでさえカオスな状況になりがちな、この議論に
今こそ、我々が『お手本』というものを
世界に指し示そうではないか!

私(飲茶)は、『論客コミュニティ』という議論掲示板を
10年近く運営してきたが、
その進化系として、ここで述べた議論掲示板も作ってみたい!

だが、世界に『議論の模範』を示す、この議論掲示板は、
もはや『コミュニティ』という名では
その偉大さを表すことはできないだろう。

そう、この議論掲示板にふさわしい名は……



















論客キングダム

さぁ、世界よ……俺たちの美枝に酔いな

【完】