飲茶の新刊「14歳からの哲学入門」発売中!

2012年11月05日

テレビとラジオで紹介されました

■ワールドサテライトビジネス(テレビのニュース番組)で、
「哲学的な何か、あと科学とか」
が紹介されました!

ビブリオバトル(みんなで本を持ち寄り、その本の面白さを
プレゼンして一番を決めるイベント)の特集があったのですが、
そこで「哲学的な何か、あと科学とか」がなんと第一位に。
あんな真面目なニュース番組で、
優勝は……飲茶著 哲学的な何か、あと科学とか……
と、いい声のアナウンサーさんにタイトルを
読み上げられるなんて……。ちょっと吹きだしました。

プレゼンしてくれた方、本当にありがとうございました!

■新刊ラジオ「目利きの一冊」で紹介されました!

おススメの新刊情報を伝えてくれる新刊ラジオの
「目利きの一冊」でかなり長い時間にわたり紹介して頂きました。
自分も聴いてみたのですが、

「えー、では今回の本は……」
「ぷっクスクス」
「史上最強の哲学入門……」
「クスクス」
「赤い方が西洋で……ってなんですか!?」
「だって、表紙が(笑)」

みたいな感じで始まり、ところどころ「バキネタ」でいじってくれました。

ありがとうございました―――ッッ!

この記事へのコメント
マジっすかww見たかったwww
Posted by onigiri at 2012年11月05日 22:05

おひさ。
ひまならメールくれ。
Posted by 脂 at 2012年11月06日 01:43

やだよー、メールってやめどきわかんないし。
引用でどんどん長くなって、返信に一時間くらいかかるし。
脂さんもTwitterやろうよ。

チャットぐらいのやり取りが負担なくていいっす。

Posted by 飲茶 at 2012年11月06日 01:53

一時間以上かけてメールを書くと、思い入れができるのか、返信くるまでドキドキしちゃう。
そして、返信を開く瞬間がドキドキマックス。でも、たいてい、あっさりぎみとか想定外の返信がきてがっかり。
もうあんな想いはいややー。

Posted by 飲茶 at 2012年11月06日 01:56

先生の本を読んでから、東西関係なしに哲学本を読んでます。
大げさかもしれませんが、思考回路が広がってるようで、大変感謝しています。

しかし、なかなか理解しずらいものが多く、難書に出会った際には、どのように解釈されているのか、お聞かせ願いませんしょうか。

例えば、論理的思考力や要約力を鍛えられたのでしょうか。

史上最強の哲学入門Part3が待ち遠しいです
Posted by 太陽 at 2012年11月08日 22:59

い、いえ、そんな……適当です(汗)
Posted by 飲茶 at 2012年11月14日 15:07

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300458905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック