2012年04月12日

「史上最強の哲学入門」がついに『教科書』にッ!

バキのノリで解説する哲学入門書、カバー絵は板垣恵介
という記事がニコニコ動画のニュースに掲載されたところ、
それをきっかけに、ツイッター上で、
「なんだそれwww」とリツイート祭りが。

そんな流れのなか、

「教科書欄の 飲茶『史上最強の哲学』ってやつがすごい気になる」
「著者ヤムチャだもんな」


というつぶやきを発見。詳細を聞いてみると、
なんと「史上最強の哲学入門」が、
「高専の哲学の授業」で『教科書』として
採用されているとのこと。


ええええ!高専といえば、日本の技術力を支えてきた
超エリートたちの学校じゃないですかっ!
まさか、そんなところで教科書として使われているなんて!
(ちなみに他の高専生からも、ご連絡をいただきました。
 1年前から使われているそうです)

しかしいったい、どんな理由で選ばれたのでしょうか?
世の中には、「新しい教科書をつくる会 」など、日本の未来を案じて
最良の教科書を必死に考えている人たちがたくさんいるわけですが、
きっと高専の教科書を選ぶ人も、
同様にさんざん悩み、朝も夕もなく考え抜いた挙句、

はっ、そうか!
 今までの教科書にはバキ分が足りなかったんだ!


と気づいたのでしょう。なるほど納得ですよね。

それにしても、授業が始まると生徒が一斉に
「板垣先生(バキ)の表紙の本」を机の上に置く
という光景を想像すると、
なかなかクルものがあります。

↓一連のツイートまとめ
http://togetter.com/li/268678

(追伸)
さらになんと梅原猛先生に「史上最強の哲学入門」東西2冊を
手渡しすることに成功しましたっ!

この記事へのコメント
まさかこれが発端となり、バキ本編の教科書採用が進むとは…
Posted by at 2012年04月13日 15:29

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by ビジネスマナーの教科書 at 2012年04月16日 10:26

高専の教科書は、担当教授の趣味で選んだりするので、怪しい書籍が教科書になることは良くあります。
Posted by at 2012年04月17日 14:31

バキ分が足りなかったんだ!←超ウケたっ(笑)!!!
Posted by 飲茶ファン at 2012年04月17日 23:34

史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち
発売を見逃してた……
でもカッテキタゼーイマカラヨムゼー
Posted by kumo at 2012年05月04日 09:03

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック