前の記事 TOP 次の記事

2012年03月23日

哲学ガールズ大賞 選考結果発表(4)〜イラスト選考の裏話〜

哲学ガールズ88人のイラスト募集についてですが、
おかげさまで、なんと2000枚を超える応募がありました!
(サイズオーバーで載せられなかったイラスト含む)
しかも、その質がとても高く、書籍「哲学ガールズ」のイラストは、
この応募イラストから9割近く採用されるという結果となっています。

ようするに、イラスト募集企画は大成功でした!
投稿して頂いた皆様方には、この場を借りてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!

さて、今回は、イラストの選考についてちょっとした裏話を
述べたいと思います。

■イラスト選考で悩んだところ
まず、イラスト選考のやり方ですが、
「版元」と「飲茶」で別々に選考を行い、
「せーので」と選考結果をつき合わせて、どっちにするかを
決めるという方式でした。
(ちなみに、「版元」と「飲茶」の選考結果は意外にずれてました。(笑))
なお、最終決定権は、編集さんにお任せしています。

さて、こういうやり方で、哲学ガールズ一人一人を
決めていったわけですが、一番こまったのが激戦区キャラです。

たとえば、ヘラクレイトスちゃん。









さぁ、皆さんならどれにしますか?
見てのとおり、どれも段違いにレベルが高いわけで、
とても選考が大変でした。

ちなみに、傾向としては
ファンタジー(魔法使い、錬金術師、魔物使い)系」キャラが
「激戦区」になりがちでした。
(やっぱり、絵師さんたちが、普段から、ファンタジー系の衣装の
キャラを描きなれているからでしょうか)
特に、フィチーノちゃん、ホッブズちゃんは激戦区でした。

■どっちにするかメチャクチャ悩んだイラスト
結果として不採用になったのですが、
これは、もう本当に、どっちにするか悩みまくった印象深いイラストたちです。

達磨ちゃん先生

すごいイメージどおりだったイラストです。
こんな先生にならいたいです。

デカルト

いっけん普通の女子高生というイラストなんですが……
なぜか「デカルト!」って感じのイラストなんですよね。

アウグスティヌス

こ、こんなけしからんアウグスティヌスがかつていたでしょうか!

茂木ちゃん先生

結果として、茂木ちゃん先生の採用イラストは、
「魔法少女系の萌えイラスト」となりましたが、
こういう「ちょっとリアル」な方が、
より「ダメージがでかい」のではないか……とか
色々考えて最後まで悩みまくりました。

そういえば、書籍「哲学ガールズ」の発売後、
担当さんに「茂木先生って怒ってないですかねえ?」
と聞いたら、「あ、じゃあ明日、きいてみますね」
と明るく言ってたのですが、
その後、いまだ返信がありません。
無事なのでしょうか……。

■哲学ガールズイラスト(ソーカル部門)大賞発表
諸般の事情で、ソーカルちゃんは書籍「哲学ガールズ」に
掲載することができませんでした。
ご投稿していただいた皆様には大変申し訳ありませんでした。
お詫び申し上げます。

しかし、せっかくですので、
「もしソーカルちゃんが載るとしたら、採用されたであろうイラスト」を
本記事で発表したいと思います。

栄えある、哲学ガールズイラスト(ソーカル部門)大賞は……


下東神菜さんに決定いたしました! おめでとうございます!

見てるか、ソーカル先生!!
 薄い本出すぞ、ゴラァ!!


……とゴルギアスちゃんが言ってました。
ゴルギアスちゃんが。

さて、いよいよ次回の記事で、本企画を締めたいと思います。

(続く)

↓哲学ガールズ企画!



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by 飲茶 at 23:05 | 【企画】哲学ガールズ大賞

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa