2011年07月12日

飲茶本の韓国版が発売(画像あり)

マイ書籍
「哲学的な何か、あと科学とか」
「哲学的な何か、あと数学とか」
韓国版が発売されましたー。

↓韓国版「哲学的な何か、あと科学とか」


↓韓国版「哲学的な何か、あと数学とか」


おおー、表紙が全然違うんですねー。
ただ、「あと科学とか」では猫がいたり
「あと数学とか」では大量の本に囲まれていたりと
ちょっとだけ名残りがありますね。

ちなみに、なかの図版はそのまま使ってるようです。


↓が著者名の部分ところです。


はっきりいって、どこに飲茶と書かれているのかわかりません(^^;
たぶん、みっつのうちのどれかが、
韓国語で「原作:飲茶」になっているのだと思います。
ただ、中国では漫画ドラゴンボールのヤムチャは、
「飲茶」そのままではなく、
「阿楽」「楽平」「亜姆」
と言った表記になってるそうです。
海外の翻訳者が変に気を利かせて、
それに置き換えていたらどうしよう……。
もしかしたら「原作:楽平」になってるかもしれない。

あと、もうひとつ気になるのは、
「哲学的な何か、あと数学とか」で
謎の数学者ブルバキの正体は誰だ、というくだりで、
実は、ガモウひろしだ
という日本でしか通じないネタがあるのですが、
韓国版ではここはどうなっているのでしょう。

実は、チャン・グンソクだ

みたいに何かに置き換わっているのでしょうか……。

という感じで、とにかく韓国版発売しました。

この記事へのコメント
ドラえもんのどこでもドアの話は
向こうの人もさすがにわかるかな?

(飲茶)ドラえもんは万国共通かもですね^^
Posted by _ at 2011年07月12日 17:32

私は飲茶さんの本(思考)は独創的だと思っています。これが、中身をごっそり朴られて、これは自分が考えたオリジナルだと平気で海賊版みたいなのを出版されそうで心配です。
Posted by at 2011年07月12日 18:05

すっげー!
Posted by もりた at 2011年07月12日 18:46

そういえば以前、mixiみたいなSNSで、モロにコピペして哲学講座を開いてる人がいました。
のちに、「それあなたの文章ではないでしょ」と叩かれることになるのですが、
叩かれる前までは、女性からたくさん「すごいすごい」といっぱいコメントもらってました。
もしかして、合コンで語れば、モテるんでしょうか!!
Posted by 飲茶 at 2011年07月12日 23:13

最近、論客コミュニティにお邪魔している東回廊と申します。よろしくおねがいします。

>はっきりいって、どこに飲茶と書かれているのかわかりません(^^;

「야무챠 지음」の部分です。
日本語にすると「ヤムチャ 著」
Posted by 東回廊 at 2011年07月13日 04:42

ハングル文字ではコメントできないみたいですね。文字化けしてしまいました。^^;

画像の左端の部分の ○├ みたいな形の文字で始まる部分です。

お邪魔しました。
Posted by 東回廊 at 2011年07月13日 04:51

東回廊さん、ありがとうございます!!
ほっとしました!!

も、もしかしてハングル文字が読めるのでしょうか?
じゃあ、ガモウひろしはどうなってるのかためしに写真をアップしてみようかしら!!!
Posted by 飲茶 at 2011年07月14日 17:16

>じゃあ、ガモウひろしはどうなってるのかためしに写真をアップしてみようかしら!!!

是非!!!
私も興味あります。
Posted by 東回廊 at 2011年07月15日 01:54

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック