飲茶の新刊「14歳からの哲学入門」発売中!

2009年09月04日

経営者育成セミナー参加日記(13)〜価格破壊〜


え?ちょっと待って、みんな、なにやってるんだよ!?

市場では、信じられない異様な事態が起きていた……。


そもそも、この経営戦略ゲームで利益を上げる方法とは何か?
それは、いたって単純な話。

「材料」を買い、「商品」に加工し、「市場」で売る。

たったこれだけのことである。

だが、実際には、そう簡単に事は進まない。
なぜなら、競争相手がいるからだ。

たとえば、自分のターンのときに、「商品を売ります」と宣言したとする。
すると、僕は自分の商品を
テーブルの中央にある「市場(巨大な日本地図)」の上に置いて
売りに出すことができる。

もし、ここで市場に置かれる商品が、
自分のものだけならば僕の独占販売となり、
僕は好きな値段をつけて大儲けすることができるのだが、
実際にはそんなことは起こりえない。

なぜなら、講師がみんなにこう問いかけるからだ。

競合商品を出すひとはいませんか?

もちろん、その言葉にそうはさせじと他の経営者が、
次々と名乗りをあげ、競合商品を市場に投入してくる。

こうして、「日本地図(市場)」の上には
大量の商品の山が置かれることになるわけだが……、
当然、それらの商品がすべて売れる、ということはない。

市場には「需要」というものがあり、売れる商品の数は限られているからだ。

そして、ここでの最大の問題は、その「需要」に比べて、
市場に置かれている商品の数が非常に多い、
ということである。

つまり

需要 < 供給

という状態。

ようは、需要として10万個しか売れない市場に、
100万個以上の商品が供給されている状態なのである。

こうなると、当然のごとく始まるのが……価格競争

参加者全員が、同じ商品を作り、
参加者全員が、同じ商品を市場に売り出しているのだから、
当然、安い値段のものから売れていき、
高い値段のものは売れ残り在庫となる。

当たり前の市場のルール。
別に何も不思議はないだろう。

だが、その当たり前の、単純な市場のルールが、
驚くべき事態を引き起こす。

たとえば、今回、みんなが作っている商品が携帯電話だったとしよう。
それを1個作るのに、5000円掛かったとする。

そして、それを市場で8000円で売ったとしよう。
原価5000円のものを、8000円で売るのだから、
1個売れるたびに、3000円の儲けが出ることになる。

だが、自分も含めて、他の経営者みんなが同じ条件なのだ……
するとどうなるだろうか……。

講師「では、オープンプライス

市場では講師のかけ声を合図に、みんなが、商品の値札を開示する。

A「8000円」
B「8000円」
C「7900円」

講師「はい、Cさんの商品が売れました

こんなふうに、一番安い値段をつけたCさんの商品が、
優先的に売られることになるのだ。

さてここで、Cさんは儲けることができたわけだが、
8000円を提示したAさんとBさんは売れなかったので、
商品は在庫として、倉庫に戻されることになる。
もちろん、Cさん以外は、一銭も儲からない。
Cさんの一人勝ちだ。

しかし当然、みんなだって、Cさんのように儲けたいわけだから、
次の競売のときには、みんなも価格を下げて、
7900円の値段を提示するようになる。

だが、それも長くは続かない。しばらくすれば……。

講師「では、オープンプライス」

A「7800円」
B「7900円」
C「7900円」

講師「はい、Aさんの商品が売れました」

という形で、徐々に値段が下がっていく。

他の人より、値段を下げなければ売れない。
売れなければ儲からない。
儲けるためには、他の人より安い値段を
つけなければならない。

そんな意識が、低価格化に拍車をかけていく。

A「さっき、7800円で売れたよな。
 じゃあ、次は、7700円で売りに出そうか。
 いや、それはみんなやるから、裏をかいて、7600円か?
 いや、いっそ、7500円で出すか


講師「では、オープンプライス」

A「7500円」
B「7400円」
C「7200円」

講師「はい、Cさんの商品が売れました」

A「うおおーー!そうきたかーw」
B「いやぁ、そろそろ、7500くると思ってたんだけどなあw」
C「あはははは、みんなわるいねえww」

こうして、いつしか市場の競売は、
相手が下げてくるであろう値段を推測して、
さらにそれより値段を下げる
」というゲームに変わっていく……。

ちなみに、これはやってみるとかなり楽しいし、意外に燃えるゲームである。
自分の予想通りの金額を相手が出して、
そのぎりぎりで勝ったときの喜びは格別なものである。

だが……。

講師「では、オープンプライス」

A「5100円」
B「5200円」
C「5100円」

講師「はい、5100円が最低価格です。AさんとCさんは同価格ですが、
 Aさんが親(売りますと宣言した人)なので、Aさんの商品が売れました」

結局、その価格競争がたどり着く先にあるもの。
それはどうしようもないほどの薄利!!
っていうか、原価5000円ぎりぎりの値段設定なんて、
借金の利息も含めたら、完全に赤字である!

それでもみんなは、設備投資した工場をフル回転。
次から次へと、商品を大量に生み出し、
市場に流し込んでいく。

もちろん……、それらを売ったところで、
こんな薄利ではまったく儲けにならない!
ただ借金の金利がかさむだけという不毛な状態である!

だが、これだけではない!ついに、決定的なことが起こる!

講師「では、オープンプライス」

A「5100円」
B「5200円」
C「5100円」
D「4500円」

A&B&C「えええええ!4500円!?」

ついにきた原価割れ
市場崩壊の引き金であった。


この記事へのコメント
この値段のつけ方は、ゲーム理論の考え方から行くと、ナッシュ均衡へ漸近していく感じですよね。

0点から100点の間で、みんなで点数をつけあい、平均点×0.8に一番近い人が勝ち、というゲームをやると、最初は30点くらいをつける人が多いのですが、どんどんナッシュ均衡の0点に近づいていく、というのがあるそうです。
今回の場合、平均点×0.8よりもキツい、最低値をとった人が勝ちというゲームなので、(期待値を考慮する必要はあるでしょうが)どんどん原価に収束していくでしょうね。
Posted by いも at 2009年09月04日 01:17

おお、ついに新作更新ですね。
待ってました!
Posted by TA at 2009年09月04日 02:21

待ちに待った続きをついに読むことができました。
感激です。

これからも頑張ってください。
Posted by 鳥 at 2009年09月04日 10:20

そこで談合ですよ。

とはいけない訳ですか^^;
Posted by XL at 2009年09月04日 10:46

いもさんへ

なるほど。そのゲームの場合、高い点数をつければつけるほど勝つ確率が低くなるので、結局、低い点数をつけあう方向に展開していくって感じですね。勉強になります。m(__)m
Posted by 飲茶 at 2009年09月04日 12:56

面白くて一気読みしてしまいました!
更新がんばってください!!
Posted by かえで公 at 2009年09月05日 10:52

損益分岐点を考慮してそれ以下になったら寝てた方が良い。
何も考えずに安売りする人間の道連れになる必要はなし。
Posted by せーき at 2009年09月05日 21:14

僥倖っ・・・!
ついにセミナー日記再開っ・・・!

今後の展開や飲茶さんの取った行動、
さらには講師の思惑等気になるところだらけです。
在庫として寝かせる位なら原価割れでも売りたい気持ちはわかりますね。
ゲームじゃなく現実なら、次はコスト削減にたどり着くのかな?
このゲーム俺ならイベントカードに手を出すだろう、
と思いつつ続きを待ちます。
Posted by しの at 2009年09月06日 08:26

みなさん、コメントありがとうございます。ためしに久々に続きを書いてみたのですが、反響もありそうなので、また続きを書いてみたいと思います。
Posted by 飲茶 at 2009年09月06日 13:39

面白い!!

見やすく面白いですねぇ。

そそそれと・・・。

量産すればするほど原価が下がるという考えは入っていますか?

入れたらどうなりますか?

どうなるんだろう?


教えてください。

Posted by 銀兎 at 2009年09月10日 11:06

市場はゲームになるのかなぁ
自由経済市場というのは、神の見えざる手がゲームマスターみたいなところがあるから。
Posted by at 2009年09月14日 08:05

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック