飲茶の新刊「14歳からの哲学入門」発売中!

2008年07月12日

経営者育成セミナー参加日記(8)〜例外〜


経営で、いや、人が生きていくうえで
もっとも恐れるべきこと、
それは、「例外」という名の悪魔の存在。

情報をもとにして、綿密に、論理的に、慎重に、
思索を重ね、積み上げた勝ちのルート。

ぜったい、これでいけるはず、これで勝てるはず……
なんども、なんども、考えなおし、
すべてのリスクを計算し、
「いける!」と判断し、すべてを賭けたとき、
明かされる新事実。

その場合は、こういう特殊なことがおきるのです

あぐぅぅうううう!

僕は、買占め戦略が破綻したとき、
なぜか、ずっと、
ニチモウのときの「差金事件」のことを思い出していた。

あのとき、僕は、プラスになるはずだった。
今までの株の損失を、一気に取り戻せるはずだった。

天井知らずに、上昇しつづけるニチモウの株価。
含み益は、とうとう、自分の今までのマイナス分を上回った!

すべてが順調だった。あとは、ただ、株を売れば良いだけ。
いつものように、いままでやってきたように、
ただ株を売れば良いだけ。

今までの株取引のマイナスが、プラスに反転する。
そんな株人生最大の転機。その勝利は目前。

でも、そのとき、例外が起きた。

詳細は省くが、「1日1回しかできない行動」があり、
僕は、その日、まだその行動をしていなかった。

だから、「その行動ができる」と当然のように考える。
その行動を戦略として組み込み、勝ちのルートを模索する。

それは、何も特別な行動ではなかった。
毎日1回、当たり前のようにやっていたことだった。

それなのに……。

運命の日、いざ、その行動を実行しようとしたとき、
決算前の27日と28日は、同日として扱う
という例外的なルールがあることが明らかになる。

今日は、その例外的な一日であり、昨日、その行動をすでに
していたため、今日はもう、その行動をすることができなかった。
そして、そのせいで、株を売ることができなくなったのだ。

目の前が真っ暗になった。なぜ!?なんで!?

結局、僕は、その「例外」ルールのせいで、
株を売って、お金にすることができなかった。
そして、売れない間に、ニチモウの株は、大暴落し、
落ち込む株価を僕はただ呆然と眺めるしかなかった。

こんなふうに、突然、認識の外側からやってくる
「例外」という名の悪魔。
人生を劇的に変えようと大勝負をしたときにかぎって、
そいつがやってきて、僕の脚をひっぱり、
闇のなかにひきずりこもうとするのだ。

365日のなかに潜んでいた例外的な1日。爆弾。地雷。
今までずっと売買していて、なにも意識することなく、
問題なく通り過ぎてきたはずなのに
今日に限って……
人生を変える大勝負のときに限って……

くそ!くそ!くそ!
なんで、 こんな理不尽なことが
オレの身ばかりに……!


これは経営のゲームとはいえ、
現実の経営をシミュレートした現実の戦い、
ゆえにこのゲームで負けるようなやつは、
現実の経営でも同様に負けるのだろう、
なぜか、そんな直感がしていた。

うぅぅううううぅううう、も、もう、駄目だ……!
自分はやっぱり経営者の才能がないんだ……!
絶対、失敗する……
現実の経営でも絶対失敗する……っ!


そして、茫然自失のまま、ゲームの中で、一年が経過した。

飲茶の会社は、はじめての決算をむかえた。


この記事へのコメント
 失敗を失敗と認めること、失敗から学べる柔軟性。
そして、失敗を恐れず、学んだことを糧に実行する行動力が経営者に必要な適性だとは思います。
 なので、飲茶さんは何からでも学ぼうとする柔軟性もあるし、決断したことは実行する行動力もあるので、下手に労働者をやるより、経営者の方が向いていると思いますよ。
 多分、飲茶さんに必要なのは自分の思考を客観化する力か、あるいは、それを分析してくれるブレインの存在かとは思います。
 
(飲茶)ありがとうございます(;△;)
三国志でいうところの「荀イク」さんが欲しいです。
#陸遜ちゃんでも可
Posted by 呟き尾形 at 2008年07月12日 12:05

まさに「生兵法大怪我の元」

もっと徹底的にルールや情報を集めてから出ないと危険ですよ。
行動力は無いけど調査や分析が得意な人と相談しつつ進めると良いのでは?

(飲茶)そうですね、緻密に物事を考えるのが得意だけど、自分から事を起こす、リスクを背負うのは嫌だ的な人と仲良くなればあるいは……
Posted by せーき at 2008年07月12日 14:24

『これがシミュレーションで良かったな。』
って思うしかないんでしょうね、多分。

もちろん、これを実際の経営で生かさないといけないんでしょうけれど。

そういう意味では、
大きな失敗をシミュレーションで経験できた分、
飲茶さんがこのセミナーで得たものって大きかったのではないですか?

(飲茶)一応、このあとも、セミナー日記は続きます。最後に僕が何を得たか……は続きが書けたら、あるいは……
Posted by Hybrid at 2008年07月12日 17:36

海外輸入までの間で儲けられなかったのかな?

(飲茶)最初の2ターンで、講師が練習用にみんなに商品を作らせていたので、すぐには独占販売状態になりませんでした。(;△;)
Posted by ジャンク at 2008年07月12日 21:13

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102678921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック