飲茶の新刊「14歳からの哲学入門」発売中!

2008年03月26日

経営者育成セミナー

経営者育成のセミナーに参加してきました。

かなり勉強になりました!
特に、一番の収穫は、自分が「どんなタイプの経営者なのか
がはっきりしたことです。

しばらくは、この研修での出来事について書いていきたいと思います。

2008年03月30日

経営者育成セミナー参加日記(1)


経営者になっても、何も世界は変わりませんでした。

今までの会社勤めのときと同じ。
毎日、夜遅くまで、仕事して、残業して、徹夜して。

そして気がついたら、1年が経っていて、
税理士が作った決算報告書を眺める。

今年は、こんなに赤字なのか……orz
おお!今年は、黒字だぞ!ばんざーい!^▽^

決算報告書をみても、思うことは、
単にプラスだと嬉しくて、マイナスだと悲しいぐらいのことで、
来年は、もっとがんばって仕事をしよう!」と
決意を新たにするぐらいのことです。

とても、会社を経営をしているという実感はありません。

ようするに、
会社を設立し、一生懸命、仕事をして、
なんとか食べていくだけのお金は入ってくるようになったが、
それって、普通に会社に勤めていたときと同じ境遇なわけで、
経営者としては完全に行き詰っている
という感じです。

経営者なんだから、もっと、こう戦略?みたいなものをもって、
会社を大きくするみたいな?的なことをやっていかないといけないと、
薄々は感じているのですが、
何をどうすればよいのかさっぱりわかりません。

そんな話を知人にしたら、
お薦めの「経営者育成セミナー」があるとのことで、
さっそく申し込んで、参加してみたのですが……、

完全に場違いでした!

参加者の平均年齢はとても高く、みんな
ちゃんとした会社の役員のような人たちばっかりで、
彼らに比べたら、全然お子様の自分は、完全に浮いてました。

なんとなく、引け目を感じて、一番後ろの席で、
講義をきいていたのですが……、

これがとても眠かったです。>_<

経営者にとって大切なのは……うんぬんかんぬん……
きっとたぶん、良いことを言っているんだろうけど、
ぜんぜん、頭に入ってきません。

うわー、こんな講義を一日中、聞くのか〜。
 半分以上、寝ちゃいそう〜>_<


とか思っていたのですが……、
このセミナー、眠いのは最初だけでした。

講師の人が、突然、こう言いました。

「とはいえ、こうして、講義を聞いているだけで、
 経営の何たるかがわかってもらえるとは、私たちは考えていません。
 では、みなさんに経営のことを知ってもらうためにはどうすれば良いか?
 その答えはシンプルです。

 それは実際に、会社を何年間も経営してみることです。

 講義を聞くよりも、本を読んで勉強するよりも、
 実際に経営してみる、それが一番です。

 これからみなさんに、ゲームをしていただきます。
 もちろん、ただのゲームではありません。
 経営戦略ゲームです」

ざわ……ざわ……

え?ただ、座って、話を聞くだけじゃないの?

僕は、経営ゲームと聞いて……すぐある予感が走った
このゲーム 運否天賦じゃない………………
…………おそらくは…………愚図が堕ちていく
勝つのは 智略に走り、他人を出し抜ける経営者……!